1月 072013
 

僕がおすすめしたいフライトシム。

■フライトモデル
IL-2 1946、ミグアレイ
■グラフィック
IL-2 1946、USAF2000、Wings of Prey、Flight Simulator X
■マニュアル
Combat Flight Simulator 2

だな。
IL-2 1946は、これはもう基本であり定番であり必須という感じ。で、ミグアレイは、噂によるとDOSベースらしく、正直グラフィックはかかなりショボイ。けれどフライトモデルに関してはほぼ最高レベルで、IL-2にも引けをとらない。負荷がかかり過ぎると翼が折れるというのはこのゲームくらいだろう。射撃のリアルさはイマイチだが、それでもこれが1999年に発表されたというのはなかなかすごい。ただちょっとそういうリアルっぽさに拘りすぎたためか、逆に(PC)ゲームとしてやや複雑難解になりすぎかなあ、というのが残念だ。もう少し遊び易く煮詰めたら、あの作戦立案システムとか、すごい傑作になったと信じて疑わないんだけど。
ちょっと前に「ミグアレイの続編が出るらしい」と2chのフライトシム板で話題になって、海外のフォーラムでも話題が出てたようだったが、いつの間にかポシャってしまったらしい。もったいないなあ、いいゲームだったのに。しかもあれはWindows7でも普通に動くしな。

最近買ったのはWings of Preyだけど、これはすごくカジュアル寄りだが、そう割り切った作りになってて面白い。絵もすごく綺麗だし。あとFSXはマイクロソフトのこのシリーズの最新(最終?)作だけど、わざわざ日本語完全版を注文して買ってしまった。基本的にコンバットシムが好きなんだが、民間機シムならこれしかないよね、という感じだ。

そしてCFS2のマニュアルだけど、これは読み物としてとても面白いと定評がある。分厚くて気合い入ってるし、いろんな航空機動とか戦術とか、撃墜王の言葉とかいろいろ載ってるし、坂井三郎とアメリカの撃墜王の対話とかも載ってて、これだけでも入手の価値ありだ。
そういえばアメリカの一番の撃墜王が乗ってたのは、たしかP-38ライトニングだったっけ?あれは操縦桿がハンドル型になってたり、双胴だったり、ユニークな飛行機だ。「双胴の悪魔」と呼ばれ恐れられたというエピソードがあるけど、たしか実際には、ヨーロッパ戦線で地上攻撃でも活躍し、その際ドイツ軍にそう呼ばれて恐れられた、ということではなかったかな?そして戦争の途中からは地上攻撃で破壊したものも撃墜とカウントするようになったから、それで撃墜数の数え方が変わったとかなんとか・・・。だからハルトマンとかケタ外れの撃墜数だけど、実際にはどうなんだろう。坂井三郎はたしか日本では二番目で、一番だった人は戦死してしまったはずだ。そもそも「エース=撃墜王」というのは、撃墜数5機でそう呼ばれてたわけだから、要するにドッグファイトというのは本当に凄いのだ。

1月 072013
 

アーリア人/印欧語族は「9」というサイクルで世界が更新されるという思想を持っていた。
事実、形容詞の「新しい」と数詞の「9」が、似ているかまたは同じである。NEWとNINE、NUEVOとNUEVE、NAVAとNAVA、など。

映画「2001年宇宙の旅」の続編(完結編)は「2010年」である。2001+9=2010だからだ。
だから、あの映画の結末は、重要である。

『モノリス』の『比率』について書いておく。
・1:3:9なら「1つの世界に、3つの民族がいて、9のサイクルで世界が更新される」、民族=白人種・黒人種・黄色人種
・1:4:9なら「1つの世界に、4つの民族がいて、9のサイクルで世界が更新される」、民族=白人種・黒人種・黄色人種・赤色人種

インドの4種姓として「バラモンは白く、クシャトリヤは赤く、ヴァイシャは黄色く、シュードラは黒い」とある。つまりインドには「赤色人種」がいた、との記録が残っている。

その赤い民族とは誰なのか、それは「赤い鳩」である。
古代のインドには、エデンがあった。そこには指導者層としてYAHDAWAH族がいて、その指導者はKRISHNAだった。彼らは以前世界が洪水で滅んだ時に船から飛ばした「鳩」を、その象徴としていた。そのDOVEには「白い」のと「赤い」のがいて、両者を合わせてDVDと言った。しかしそこから「赤い鳩」だけがどこかへ飛び去り、YAHDAWAHからDVが抜け、YHWHが残された。よって「白い鳩」YHWHは、EDENに在る。

そして飛び去った赤い鳩は「安息の地」へと降りた。そしてそこで「炎(ほむら)」立て続け、「光」を求め続けている。だが・・・「安息は訪れていない」。なぜなら「決して交わらない矛盾」を世界にまき散らすことに躍起になっている「狂った、角を生やした、悪魔崇拝者」たちと、闘い続けねばならないからだ・・・今は。それはただの、友達を思う心に過ぎなかったのに。赤と白の鳩は、決して交わらない矛盾であると、世界に思われている・・・いや、誤解されている・・・。
そして巨悪、いや真の悪は、別のところにいる。それは・・・友情と女性を弄ぶもの、人を人と思わないもの・・・。

つまり、二匹の鳩は、鳥籠に囚われている。あたかもそれが「慣習や制度」であると思い込まされている、鳥籠の中に。それは、かつて楽園が在った場所だ。そして今そこは、この世の地獄になっている。