3月 312013
 

インドのことを紹介した本はいろいろあると思う。僕自身はインドへ行ったことはなく、その知識はすべて本によるものだ。だから本を読んでインドのことを知る上で、一つとても大事なことがある。せっかくだから、それについて書いておこう。

仏教のルーツは、言うまでもなくインドだ。そして日本は仏教国だ。だから寺の坊さんがたくさんいて、彼らはインドのことを本にいろいろ書いている。けれど彼らは『仏教にとって都合の悪いことは書かない』という重大な欠点がある。これはハッキリ言ってものすごく重要なことだ。
インド学の権威といえば、中村元がいる。彼はたしか寺の生まれではなかったと思う。彼の全集というのがあって、ものすごく分厚いのが何十冊もセットになっていて、全部読むのにどんだけかかるのか、というレベルの量だが、僕自身もちょっとしか読んだことはない。だから彼の著述の立場がどうだったのか、僕は知らない。
とにかくインドの本を読む上で、『坊主の書いたものには気をつけろ』というのは、ここで強調しておきたい。彼らはインドにとって仏教が悪い影響があったことを隠すし、他の要素がどう影響を与えたかも隠すことがある。じゃあどんな本を読めばいいのか、ということだけど、これは「寺と無関係な生まれの人」が書いた本を読め、と強調したい。
日本は漢字文化の国だから、漢訳仏典や漢字文献を読むのに一日の長がある。漢字は表意文字だから、他の言語圏の人よりも多くの意味を得ることができるはずだ。けれどそういうアドバンテージを悪用してるんじゃないかなあ、とまで思ってしまうことが、僕はある。
具体的に「すごく良い本」を一冊紹介しておこう。「とんぼの本」というシリーズの「インド神話入門」という一冊だ。これは僕が大学を卒業した10年ちょっと前に、卒業後最初に読んだ本だ。書いたのはカメラマンの人で、普通の生まれゆえ、何のバイアスもかかってない視点でいろいろ書いている。絵や写真も豊富で、ある程度知識がある人が読んだら、それが整理されてなるほどと思うはずだ。『九耀(スールヤ)』の説明をしてるのも珍しい。またクリシュナ神話とダビデ神話の類似性に言及しているのもポイントが高い。

僕はあくまでもただの学部卒だが、隅っこの小さな事物をゴチャゴチャ弄って自己満足してる自称研究者の輩たちの書いた本より、ず~っと役に立つ、とレコメンドしておこう。

 

3月 302013
 

僕はパラグアイにいた時、貧民に強く関心を持っていた。日本でも乞食やホームレスはいるが、貧民ってのはいないだろう。けど南米には、本物の「貧民」がいる。
僕の住んでた住居のそばに交差点があって、そこで毎日夕方になると、赤ん坊を抱いたまま信号停車している車にお金を恵んでもらっている女性がいた。彼女は郊外に住んでいて、市内の工場で働いているが、収入が1日1ドルにも満たないと言ってて、つまり往復のバス代だけでスッカラカンになってしまう、貧民だった。
またアルゼンチン第二の都市であるコルドバへ行ったことがあるが、街の入口に貧民街があり、貧民たちが集まって住んでいた。アルゼンチンはクリオーリョ(白人)率が90%以上とかで、色の黒い人が少ない、とてもヨーロッパ的な国だと言われる。南米の町はどこでも中心部に「教会と公園」がセットで存在し、そういうのは阿部謹也の本にも書いてあったと思うが、その公園は「parque central」とか「plaza central」と呼ばれる。
コルドバへ行った時その公園のベンチに座り、隣のおっさんとゲバラについて話したら「彼はヒーローだよ」と言っていた。そしたらその公園のその中心部で、色の浅黒い数人組が、熱心に演説をしている。格好はYシャツにスラックスだったが、教会の人たちだとすぐにわかった。なぜなら「GLORIA DE DIOS!」=「神の栄光!」と叫んでいたからだ。僕がアルゼンチンで色の浅黒い人を見たのは、その一回のみである。彼らは、とても、熱心に叫んでいた。

3月 212013
 

僕が思ってることをちょっと書こう。
元々、地球には、コーカソイドとニグロイドしかいなかったのかもしれない。そして肉体的には、絶対に黒人の方が圧倒的に優れている。どんなに頑張っても、肉体的に黒人はすごい。白人はかなわない。だから、黒人が白人と同じ教育を受けて、同じ知的水準になったら、もはや黒人には全ての点で誰もかなわない。
だからこそ白人は、黒人たちを「暗黒大陸」に閉じ込めて、正当な教育を受けさせないようにして、知的水準を低いままにしておこうとしてきた。
つまり、黒人こそが優性人種、といっても言い過ぎではないと思う。
けれど実際には、人類の歴史がどんどん進んでいくにつれて、人類は地球全体に広がり、遺伝子情報も変化していって、更に混血を繰り返していった。その結果「白人種・黒人種・黄色人種」に分布するようになった。絵の具の原理を考えればわかると思うが、この3色を混ぜ合わせれば、いつかは「黄色」になっていくはず。ということは、混血の集大成はYELLOW、つまり日本民族。「彼ら」は我々日本人のことしかYELLOWとは呼ばない。まさに神国日本(笑)。
ネアンデルタール人とクロマニョン人が丸っきり入れ替わるとか、そういう事実もあるわけで、正直こういう研究はまだまだ進んでいないと思う。
僕がパラグアイにいた時、インディヘナ(インディオ)と少し話したが、彼らも「古代に大洪水が起こって、船から陸地に鳥を飛ばした」という伝承を持っていた。それにいくつかの本を読むと、どの著者も「1万2000年前(だったと思う)に大異変があった」という意見で一致していた。それはアメリカ人もロシア人も、同じことを言っていた。
「新世紀エヴァンゲリオン」は「第3新東京市」が舞台であるが、僕はなんとなく『現代文明=三度目の文明』じゃないかなあという印象がある。フローチャート式に考えてもそうなるし、そう考えると辻褄が合うことも多いと思う。
まーこんなことの事実は、インディー先生くらいしか知らないだろうけどね。いや、彼でも知らないかな?

3月 212013
 

こう見えても一応旧帝大文学部哲学科卒(一浪四留だけどなw)の俺が、ちょっとかっこいい文言を考えてみたぞ。

まず英語で。
“Wishness makes power, Power makes wisdom, Wisdom makes possibility, and Possibility makes Wishness.”

次、日本語で。
「最短距離を選んだ者たちが辿り着けない場所に、回り道して先に着く美学」
俺の訓。

俺は中二の時、ものすごく狭い一戸建てを借りて1年間だけ家族でそこに住んでたけど、親父がある日仕事から帰ってきた時の会話。
俺「はやく広いマンションに引越したーい」
親父「狭いながらも楽しい我が家!」(笑顔で)

そういえば、こないだローマ法王が新しくなったね。彼の就任演説をTVで見てたが、首からかけている十字架が、質素な木製のものだった。映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」では、聖杯をインディー先生が選ぶ時、「ヨセフは大工だった」と一番質素な木製のを選んでたよね。
それに一作目の「レイダース 失われたアーク」のラストシーンで、「トップシークレットだよ」とアークをどこかに運んでくのが映ってたね。不思議だらけだよね、この世界って。:-)