3月 302013
 

僕はパラグアイにいた時、貧民に強く関心を持っていた。日本でも乞食やホームレスはいるが、貧民ってのはいないだろう。けど南米には、本物の「貧民」がいる。
僕の住んでた住居のそばに交差点があって、そこで毎日夕方になると、赤ん坊を抱いたまま信号停車している車にお金を恵んでもらっている女性がいた。彼女は郊外に住んでいて、市内の工場で働いているが、収入が1日1ドルにも満たないと言ってて、つまり往復のバス代だけでスッカラカンになってしまう、貧民だった。
またアルゼンチン第二の都市であるコルドバへ行ったことがあるが、街の入口に貧民街があり、貧民たちが集まって住んでいた。アルゼンチンはクリオーリョ(白人)率が90%以上とかで、色の黒い人が少ない、とてもヨーロッパ的な国だと言われる。南米の町はどこでも中心部に「教会と公園」がセットで存在し、そういうのは阿部謹也の本にも書いてあったと思うが、その公園は「parque central」とか「plaza central」と呼ばれる。
コルドバへ行った時その公園のベンチに座り、隣のおっさんとゲバラについて話したら「彼はヒーローだよ」と言っていた。そしたらその公園のその中心部で、色の浅黒い数人組が、熱心に演説をしている。格好はYシャツにスラックスだったが、教会の人たちだとすぐにわかった。なぜなら「GLORIA DE DIOS!」=「神の栄光!」と叫んでいたからだ。僕がアルゼンチンで色の浅黒い人を見たのは、その一回のみである。彼らは、とても、熱心に叫んでいた。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)