6月 142013
 

「新世紀エヴァンゲリオン」は第3新東京市が舞台になっていて、それまでの都市が水没したとか崩壊したという描写が見られる。あれは本当に謎の多い作品だけど、その辺はまあいい。ではその「第3」新東京市という名称はどういう意味を持つのか。単純に考えて「3番目の」「3度目の」という意味だ。
僕は前々から、現在の文明は人類にとって最初の文明ではなく、何回か崩壊→再生を経て現在の形になったのではないか、と思っていた。それは世界各地から不可解な遺物が発掘されるいわゆるオーパーツの存在や、インドの古典である「マハーバーラタ」を読んだ者の多くが「古代の大戦争を描写したものだ」と主張していること、そういうのも理由の一つである。もしエヴァンゲリオンがそういう「事実(?)」を下敷きにして作られたものであるならば、「第3」新東京市という名称は、そのまま「=現在の文明は3度目の文明である」ということを視聴者に伝えんとしているのかもしれない。
古代に大洪水があったと聖書は述べる。そしてこれは聖書圏以外にも世界各地にある説話で、アメリカのインディオも同様だ。皆一様に「大洪水が起こり船に乗って難を逃れ、陸地に向かって鳥を飛ばした」と語る。だから多分、これが「1度目の世界崩壊=ファーストインパクト」だったんだろう。そしてそこから2度目の文明が始まり、それも発展するがやがて大戦争により崩壊する。それがマハーバーラタの大戦争だったのでは。だからこれが「2度目の世界崩壊=セカンドインパクト」に当たるんだろう。
上に述べたことはあくまで「仮説」だが、アメリカ大陸のインディオの言語に多数の孤立言語が存在することや、インダス遺跡から世界各地の骨が出てくること、また不可解なオーパーツの存在など、不思議な事実はいくらでもある。僕が思うのは、古代の前文明の時代にも世界各地の人々がいろんな土地に移り住んでいて、あちこちに「人種のるつぼ」みたいな場所があったんじゃないかな、ということ。だから孤立言語や様々な骨のような現象が現れるのではないか、と思う。そもそも地球の地軸が昔は数度傾いていたわけだし、それを踏まえて黒又山の公的調査などもあるわけだし。また言うまでもなく大陸は徐々に移動するし、海岸線も今とは全く違っていた。
エヴァンゲリオンの新劇場版4作目はまだやっていないし、前3作で言いたいこともよくわからない。しかし第3新東京市という名称は、間違いなく「=現在の文明は3度目なのだ」と言わんとしているはずだ、その真偽は不明だが。歴史学は自由足り得ない学問ゆえ、これらが解明されることは多分ないだろう。それをエヴァンゲリオンは代弁しているのかもしれない。4作目が楽しみだ。

 
・・・と、ここでちょいと追記。惣流・アスカ・ラングレーという名前を眺めてて思ったが、惣流=ソウル(=瀬織津姫)とすると、「片目」は製鉄を表し、「赤」は平氏の赤旗とか秦氏の色とかを表す?千葉市にちょうどそれに当たる蘇我という地名があるが。またアスカ=飛鳥なので、飛鳥時代なら、つまり蘇我入鹿?それならシンジは聖徳太子?厩戸皇子は言うまでもなくイエスの誕生説話を借用してるが。またアメリカにはラングレーという地名があるようだ。90年代映画版では弐号機が量産型に喰い殺されるので、アスカ=プロメテウスだが。あー製鉄をするのには火が必要なんだね。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)