6月 202013
 

今月に入ってから、気ままに思いついた駄文をTwitterにしばしば書き込んでいる。文才はあってもストーリーが創作できない俺は作家にはなれないが、たまに「光る駄文だなぁ」と思うのが書けたりして、勝手に楽しんでいる。
んで、さっきテキトーに2つ駄文を投稿したら、ちょっとした発見のようなことをしてしまった気がする。ので、ここにその投稿をコピペしておこう。

まず1つ目。
——-
空をご覧よ、太陽が燃えている。天が怒りに狂ったかのようにね。そして我々人は、その怒りの元でしか活動できないのさ。夜の月だってその怒りを受けて輝いているに過ぎない。そう考えると、この世の全ては天の怒りを買い、常にその業火に晒されているということになる。ならこの世は、恒久の地獄では?
——-

次、2つ目。
——-
「光、あれ」と聖書にある。地上において最初の光は、燃ゆる陽光だった。それは全てを照らし輝かせ、闇夜の月光も同様だ。全てが原初に帰結するなら、それらは光に還るだろう。それが陽光であるのだから、つまりはそれが父だということだ。父たる陽光が母なる大地を抱きしめ照らすのさ。
——-

とまー見ればわかるが駄文である。

問題は内容で、1つ目のは「太陽が悪者であり、そのせいでこの世が地獄になっている、という論理はこうなってますよ」という解読になっている。
グノーシスというのは、簡単に言えば(と言っても俺は簡単にしか理解してないが)、「神=悪であり、その神が創ったのだからこの世も悪である」とか「精神が善であり肉体・物質は悪、よってこの世=物質世界は悪」とか、あとは神人一体思想とか、まあそういうものだろう。あとは「蛇は知恵(グノーシス)の実を食べさせてくれた。よって蛇を敬う」もあるな。要するに普通とは真逆の考え方である。であれば当然、太陽=悪であろうし、事実グノーシスが(特にインドでは)月信仰であることは明白な事実だ。その「太陽が悪である」という論理は、この1つ目の文章おっと駄文のように成っているのではないだろうか。俺は検証する手段を持たないが、辻褄は合っている。

そして2つ目だが、俺は演繹法と帰納法とかよくわからない。けどこれは、帰納法的に「太陽が父(男性)で大地が母(女性)、太陽の光は地上に向かって差していく、地球において原初の光は太陽の光である、聖書の冒頭に『光、あれ』と書かれている、つまり(聖書的観点では)この世の根本原理は太陽である」みたいにならないだろうか。
父→母の方向に光のベクトルは進むから、生殖という概念とも一致するし、太陽崇拝と大地母神信仰の関係とも合致するし。どうだろう。太陽が男性名詞であり男神である理由の説明になってないかな。

というわけで、もしかしたらEureka!みたいな事実かもしれないがそうでないかもしれない、適当にツイートした駄文の解説ですた。すまそ。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)