1月 212016
 

前回「小説を書く!」と宣言してしまったけど、実際に書いてみると全く上手く書けない。ライトノベルを書いてるつもりはないけど、何かこうスラスラっといかないというか、筆が上手く運ばないというか、とにかく文章が頭から湧いてこないのだ。ライトノベルを読んだことはあるが、確かに文章は稚拙だと思う。けれど何というか、スラスラっと書いてるなあという印象は受ける。俺がPCの前に座ってキーボードを叩いても、文章が湧いてこない。何故なんだろう。
多分、俺が変にブンガクを意識してしまうからだと思う。稚拙なライトノベル向けの文章を書けないのも、開き直りが足りないからだと思う。もっと、こう、開き直って、しょうもないライトノベルみたいな稚拙な文章をズラズラ書けばいいんだよ!と頭ではわかっているけど、何かこうブンガクを意識した上で書かなきゃならないという先入観が邪魔するのだ。
そもそも俺は文章を書くのは得意だけども、読書量という点では全然多くない。俺より本をたくさん読む人間なんていっぱいいるだろう。そういう人でも小説なんて上手く書けないだろうから、俺ごときが小説を書くなんて、おこがましいのかもしれない。う~ん、早速挫折しかかってきたぞ・・・。
まあいい。賞の締め切りまではまだまだ時間がある。最後まで悪あがきをして、一本は書き上げてみる。今に見てろ。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)