6月 292016
 

昨日、約2年ぶりにホームページを更新した。半ば放置状態だった本サイトも、新しい文章を載せたことにより息を吹き返した感がある。2013年に俺がいろいろ考えて得た知識のごく一部を文章にまとめたような感じである。
俺のホームページの文章の中で、歴史に関する考察の部分は、ひょっとしたら世界の核心を突いているのかもしれない。そのお陰で2013年の俺の活躍があったからだ。だから今回の文章の追加も、ひょっとしたら世の中が変わる端緒になるかもしれない、まあわからないけど。
最近思うが、人の人生というのは、その一歩一歩に意味があるのだ、ということ。長い人生の道のりの中で、小さな一歩を重ねながら人は生きるが、その一歩毎に何らかの意味がある、何らかの切っ掛けになる。最近すごくそう思う。どんな小さな行動であっても、それが因果を持ち、後の何らかの出来事に繋がってくる。未来に繋がっていく。どんな小さな行動であっても、それが後の自分を左右する切っ掛けになる。
そう考えながら生きると、どんなちっぽけで些細なことであっても、大事にしようという気になってくる。こうしてブログを書いても、その書く文章の内容によっては、後々自分に予期せぬ形で返ってくるかもしれないのだ。だからホームページに文章を書いたけど、それがまた何か後々の思いもよらぬ出来事に繋がっていくかもしれない。「因果応報」というのかな、こういうのは。
今を生きる。それだけで精一杯かもしれない。けれど生きているその「今」は、未来の予期せぬ展開に繋がっていく。生きている以上、それは未来を見ながら進んでいるのだーーと言えるだろう。だから俺は思う。「狭き門よ終われ」と。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)