9月 152016
 

今でも忘れられないが、俺が大学を卒業して実家に戻ってきた直後、ネットゲームをやっていたのだが、そこでユーザー名とかパスワードを設定したことがあった。俺はみな適当に決め、傍にあったメモ用紙にそれぞれ書き留めていた。
そして書いたメモ用紙を見ると、以下のように書いてあった。

serpentkiller
heaven
none

俺は震え上がった。
一体自分は何を書いているんだと、狼狽して、メモ用紙を細かく破って丸めて捨てた。
・・・以前も書いたが、神は大自然の中に居ると思う。そして同時に、悪魔も確かに存在するのだ。俺は何気なくユーザー名やパスワードをメモっただけだったが、そういう何気ない行動の中に、悪魔は存在する、確かに。俺が不幸な人生を送っているのは、悪魔に魅入られているからではないかと、その時以来ずっと思っている。
とはいえ、これまでの人生でいろんな失敗を繰り返してきたが、致命的な失敗というのは、無い。絶体絶命の状況になったこともあるが、気が付くと何事も無く日常生活が送れている。これは俺が、強運の持ち主だからなのか、それとも世界一運が悪いからなのか、どっちなのか、自分でもわからない。いつか俺が現状の不幸を脱し、平和な人生になった時、今の状況を振り返ってどう思うか、幸運だったと思うのか、不幸の連続だったと思うのか、まだわからない。しかしただ一つだけ言えるのは、神は居て、俺を守ってくれている、大自然の中に居る神が、俺を守ってくれていることは、おそらく確かだと、それだけだ。その思いがあるから、俺は教会へ行っているのだ。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)