4月 092017
 

これまでの人生で思ったことだが、人は味方がついてると強気になる。
俺は知っているが、この日本の人間は、大多数が、何らかの味方をつけている。俺自身はそういうことはない。ただの一個人として、独立した人格を形成し、ただの一般市民として生きている。しかし日本人の大多数はそうではない。ほとんどの者が、早い話が何らかのバックを付けている。
それは俺が通っている教会の人間も同様だ。何の罪も無いような顔をしているくせに、裏では何らかのバックを付けている。だから日本人は信用出来ない。
そしてどいつもこいつも、バックが付いているので、根拠の無い自身を持ち、妙に強気である。しかし一人でいるところを狙って喧嘩を売りに行くと、皆反撃すらしてこない。完全に腰抜けである。そのくせ普段は、仲間がついていると思い、妙に強気である。本当にバカ丸出しだ。
もし俺が、あの世の審判官になったとしたら、こういう「秘密警察」の構成員は、全員一人残らず地獄へ落とす。たとえ現世でどんな善行を積もうが、家族を作って暮らしていようが、こういう普通でない者は、全員残らず地獄へ落とす。楽園に入る条件は、現世で俺と同じようにどこにも変なコネクションに属さず、正常な一般市民として生きてきた者だけである。そしてこの日本という国に、そういう「普通の人」がどんなに少ないことだろう!結局この国は、ずっと前から監視社会であり、大半の人間はそのネットワークに組み込まれて、異常なことを異常とも思わず、のほほ~んと善人面して暮らしているのだ。
俺は何時の日か誰かと恋に落ち結婚したいと思い続けているが、日本人は信用出来ない。もうこれまでの人生で、嫌というほどそれは理解した。とにかく日本人は信用出来ないのだ。たとえ教会に通って善人面している奴であっても。
あの世の審判官は、インドなら「ヤマ」だ。つまり閻魔である。俺は本名もヤマなのだが、あの世に行って審判を司る者になりたいと、真剣に思う。個人的な恨みを晴らすとかいうのではない。秘密警察の一員なんてのがどれだけ異常な存在なのか、考えてもわからないであろうバカな日本民族に、正義の鉄槌を喰らわしたいのだ。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)