8月 062017
 

俺は昔からいい男だと言われてきたし、別にモテなかったわけではない。しかし同時に、この上なく女受けが悪い。一体何故なのかわからないが、職場とかに女がいると、高い確率でハブられてしまう。どうしてなんだろう?
思うに、「女を尊重しすぎる」のが、その一因ではないかと思う。つまり女を尊重しすぎるために、逆に女から舐められてしまうのだ。女って生き物は、DQN男のように、自分を支配してくれる男には従順だが、自分をあまりにも尊重してくる男がいると、足元を見て舐めてくるのだ。
俺が女を尊重する理由、それは「女を恐れているから」だ。女は怖いのだ。これは普通の女性恐怖症とかそういうお話ではない。俺ほど女の怖さを知っている男はいないだろう。女は心を読むし、考えていることが見えるので、隠し事も出来ない。そもそも子供を産むという難事業をやり遂げるための強靭な肉体も持っているので、苦痛にも強い。そして毎月生理があるので、自分の血を見ているがゆえ、血を恐れない。
これだけ書くと、要するに女が迫害されてきた理由を知り尽くしているから、逆に女を恐れているのではないか、と自分で思う。スペイン語では、いや多分どの言語でも同じだろうが、大抵の「悪いもの」は、女性名詞である。唯一「悪魔=diablo」は男性名詞だが、残りの「戦争」とか「蝿」とか「蛇」とか「麻薬」とか「ピストル」とか、全部女性名詞だ。言うまでもなく「月」も女性名詞で、これは女性の生理が月のものであるから当然である。
要するに、生理がある以上、女は「月の命じるままに血を流す生き物」なのだ。これだけ読めば、誰だって恐れるべき対象であると思うだろう。確かに悪魔は男性名詞で、これはルシファーが男性なので当然であるが、悪いものは大抵女性名詞なので、女は悪いのである。それを俺は嫌というほど身に沁みてわかっている。だから女を恐れるのだ。
ずーっと前の文章にも書いたけど、女を敬った方がいいと思うよ。女ってのは、敵に回すと本当に怖いんだよ(笑)

 Leave a Reply

(必須)

(必須)