10月 292017
 

今年は本をたくさん読んでいる。
ネットで書評やレビューを見て面白そうな本を探して、アマゾンで注文している。毎月平均4~5冊くらい読んでいるので、今年に入ってから50冊は読んだだろうか。もちろん世の中には読書家の人がいて、これよりももっと読んでいる人もいるのだろうが、元来あまり本を読まなかった(時期の長かった)俺にすれば、かなり読んでいる方である。例年に比べて数倍は読んでいると思う。
読むジャンルで一番多いのはSFである。何故かSFが一番面白いと思う。逆につまらないと思うのは、純文学作品。芥川賞受賞作もいくつか読んでみたが、何故純文学作品というのはああつまらないのか。というか「なんでこんなのが日本一の賞を穫れるの?」と首を捻りたくなるようなのが多い。
以前「作家になりたい」と書いたが、その気持ちは今も失われていない。けれど純文学作品というものがああもつまらなく、読めば読むほど首を捻りたくなるのであれば、俺の志向するものは別のところにあると思う。
・・・しかし思い出すのは、数か月前に書いていた自前のWEB小説だ。自分でもわかるレベルで絶望的につまらなかったあの作品は、俺にエンターテイナーとしての才能が希薄であることをまざまざと思い知らせてくれた。純文学がつまらないとかいうレベルでなく、溜息が出るレベルで本っ当~につまらなかったのだ。まあ行き当たりばったりで書いていたというのもあるが・・・それにしてもあれは酷かった。消してしまって正解だ。
じゃあ俺に書けるものってなんだろう?う~ん、エロ小説なら書けるんだけど・・・。俺は何を隠そう、自分でエロ小説を書いてそれを読みながらオナニーする、という荒業をやってのけている猛者である。童○でもそれくらいのことは出来るのだ。
あ、なんかちんこが硬くなってきた。またエロ小説の続き書いてオナニーしようかな。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)