7月 302018
 

俺はブスが嫌いだ。とにかくブスが嫌いだ。どれくらい嫌いかというと、ブスを人間だと思っていない。ブスは女と呼ぶよりメスと呼ぶべきである。俺は重度のメンクイなので、ほとんどの女がブスに見える。つまりほとんどの女を人間ではなくただのメスだと思っている。
俺のこれまでの経験によれば、ブスはもれなく性格も悪い。これは確実だ。ブスで性格のいい女に、一度たりとも会ったことがない。その反対に、可愛い娘はたいてい性格もいい。稀にそうでない場合もあるが、性格のいい娘には可愛い娘しかいない。それは断言できる。
俺は若い頃からどこに行ってもいい男だいい男だと言われてきたため、必然的に女の気を惹くことも多かった。そういうときに面倒なのは、ブスに惚れられること。けれどこれはたま~にしかない。何故か俺に惚れる女というのは、可愛い娘が多かった。
逆に、俺を敵視する女。これはブスが多かった。不思議なことに俺は、可愛い娘には好意を抱かれるのに、ブスには敵意を抱かれることが極めて多かった。理由はわからない。しかしこれが、俺のブス嫌いに拍車をかけた。とにかくブスは俺に対してつまらない嫌がらせをしてきたり、嫌な態度をとってくることが多い。だから俺はどんどんブスに対して偏見を抱き、終いには「ブスな女は全員屠殺せよ」とまで思うようになった。
おそらく俺が思うに、ブスほど俺に敵意を抱くのは、その「性根の悪さ」であろう。何と言うか「値踏みをする」というブスの習性が、俺に対する敵意を持たせるのだ。女は変に鋭いので、俺が童貞であることは見抜いてしまうと思うし、事実見抜かれていた。そして俺はめったにいないくらいのいい男だったので、逆に変なギャップを感じ、何と言うか「舐める」と言うか、そういう感情を抱かせるのであろう。
とにかく俺は、これまでブスに辛酸を味あわされ続けてきた。そんな俺はアラフォーになり、すっかりブス嫌いになってしまい、もはや公然と「異常なほどメンクイなので世の中の女のほとんどがブスに見える」と公言するようになってしまった。今は腹回りに贅肉が付き、かつてほどのイケメン具合ではなくなってしまった俺だが、それでも声を大にして言おう。「ブスは死ね!!」と。ブスは害悪だ。ブスは存在そのものが犯罪に等しい。ブスに人権は必要ない。そう、世の中には、可愛い娘さえいればいいのだ。ブスは不要である。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

 Leave a Reply

(必須)

(必須)