8月 222018
 

『俺は何でもできるはず』・・・こういう「根拠のない自信」は、俺に今でもつきまとっている。普通中高生くらいの時には誰でもこういう考えを持ち、大学である程度挫折して、就職して払拭されるのが一般的であろうこういう「根拠のない万能感」は、俺のように一般的でない人生を送った人間からはなかなか消えてくれない。
俺は別に一般的な人生を送りたいとは思っていなかった。大学でも哲学科に所属し、就職とか先のことはあまり考えていなかった。「いつの日か何かデカイことをやりたい」、そういう思いをずっと抱き続けてきた。そのための積極的な努力をしたかと言われると返答に苦しむが、とにかく俺は、手塚治虫の「火の鳥」に出てくる猿田博士のような、優れてはいるのに世間から笑いものになるような、そういうエキセントリックな人物になりたいと、ずっと思っていた。
俺の特徴として、「諦めが悪い」ことがある。俺は大学時代からず~っと、古代史のことを考え続けてきた。自分で古代史の謎を解くんだと、その思いをず~っと心に抱き、大学卒業後もちょくちょく本を読んだりして、考え続けた。そして南米に行っている時、ふと思いたちそれまでの考えを自作サイトにまとめた。それは今このブログでも見ることができるが、あれは俺がウン年考え続けた結果である。そしてその内容は、世界を変えるくらいのインパクトを持っていたようだった。事実なんだから仕方がない。
そういう「結果が得られた」ことが尚一層、俺の諦めの悪さに拍車をかけた。今俺は作家になりたいと思っていて、なろうに自作小説を書いたりしているが、正直内容を見ると稚拙だと思うし、とても今のレベルでは作家になんてなれないと思う。けれど俺のこの諦めの悪さは、なまじっか一度結果を得てしまったために、余計に強固なものになってしまっている。おそらく俺は、この先10年は、作家になるのを諦めないだろう。古代史の分野でず~っと「いつか認められてやる」と思い続け、結果的に10年でそれが叶ったので、作家になりたいという夢も10年は持ち続けるはずである。そして俺は「何でもできるはず」という万能感から脱却できていない。それゆえこんないい歳になっても夢追い人のままである。そして時は過ぎ行く。
・・・まあ、別にいいじゃないか。どうせ始めから普通の人生になるとは思っていなかったのだ。これまでの人生で不思議なことがいろいろあった。ネットゲームをやっていたらポーの詩がメッセージ欄に書き込まれたり、昔のブログに皇居の中からコメントを書きこんだ人がいたり、南米でスパイ合戦に巻き込まれたり。いろいろ不可解なことがあったし、そして俺の人生はこの上なく不可解だ。今更何が起こっても驚く気はしない。何でもドーンと来いや、である。というかむしろまた何か不可解な事件が起こってほしい。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

 Leave a Reply

(必須)

(必須)