9月 252018
 

俺はPCゲームが大好きなので、2000年代からいろいろなゲームをやってきた。フライトシムを始め、FPSやRTSやSTGなどいろいろやってきた。もっと言うと高校時代からゲーセンに通いつめ、主に格闘ゲームをサルのようにやっていた。客観的に見て、俺ほどゲームが好きな人もなかなかいないんじゃないか、と言えるくらいゲームはたくさんやってきたと思う。
また音楽も好きなので、中学時代からメタルを中心に様々な音楽を聞いてきたし、映画も好きなので子供の頃からいろいろ見てきた。
そんな俺が思うのは、ここ数年でどれも廃れたな~ということ。PCゲームに限らずゲーム界そのものが、以前ほどの活気を失い、パッとしたゲームを出さなくなっている。その証拠に面白いフリーゲームの数も減ったし、昔ほど話題作も出なくなった。ネトゲも廃れた。音楽に関してはCDも売れなくなり、ヒットチャートを見ても昔ほど印象に残るヒット曲というのは皆無である。ニルヴァーナのもたらした音楽界のルーズ化はここに極まれりという感じで、ホントにいい加減な曲ばかりがリリースされるような現状になっている。映画だってそうで、昔みたいな話題作というのは長いことない。最後の超話題作というのはスパイダーマンとかハリーポッターとかだったろうか。あれくらいの「皆が観たがる映画」というのは、もう長いこと現れていない。
こういう「文化が廃れた」という印象は、果たしてどれくらいの人間が持っているだろうか。俺もついさっき気がついたばかりだが、明らかにここ数年で、文化は停滞を始めている。その原因が何なのか、世の中が監視社会に向かうようになったからなのか、他に原因があるのか、よくわからない。俺はアニメをよく見るけど、ああいう「受け身の文化」が蔓延しているように思う、昨今は。
為政者が民衆に対して「何も考えるな、ただ受け身でいればいい」と考えて、能動的な文化の発信を妨げているのか。俺は持っていないが、スマホが全盛になり、ああいうチャチな機械だけを弄って薄っぺらい文化もどきにのみ熱中していればいいと考えているのか。それともその両方なのか。
今の文明がその役割を終えて、やがて収縮し滅びていく過程に今あるとすれば、昨今の文化の停滞は必然なのかもしれない。もしそうではなくて、人類が新しい段階に向かうとか、そういう過渡期のようなものにあるとすれば、これから全く新しい文化の形が出てくるだろうけど、それはないだろう。であれば、やはり現在の文明はそろそろ滅ぶ時期に来ているのではないだろうか。
手塚治虫の「火の鳥」で、未来文明を描いた章があり、それは「ある時期から突然、人類は昔流行ったものをもう一度ありがたがるようなムーブメントが起こった」というお話だったと思う。冗談ではなく、そういう流れが遠くない将来に来るのではないだろうか。もしそうなるとしたら、最初は音楽からだろうね。次に映画。多分そうなるんじゃないかなあ。80年代ミュージックそっくりなものがまた流行るようになるとか・・・。
「文化の停滞」――現在の文明のこれまでの歴史で、そういうことはあったのだろうか。俺にはわからないが、文化の活発でない文明など、存在していても意味はないのではないだろうか。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)