10月 302018
 

最近、なぜか頻繁に「昔ああすればよかった」と考えることがある。
俺はおそらく、発達障害だろう。自分でわかる。昔を振り返ってみると、俺はある部分ではすごく大人びていたが、ある部分では極めて子供だった。俺は中学くらいから「変わり者」と言われることが多かったが、それは、俺が正常な発達段階を経て成長しなかったからだと自分で何となくわかる。
パラグアイにいた時に非日本人からスペイン語を習っていたが、その先生が言うには、「○○さんはとても頭がいいので~」とのことだった。そう、俺は確かに頭がいい。ある分野では天才的な才能を発揮する。けれどある面では、世間知らずで常識知らずでものすごくバカなのだ、俺は。
こういう俺の性格を理解してくれる女はいたにはいたが、その恋が実ることはなかった。今思えば俺に好意を寄せてくれてた女は複数いたと思うが、俺は女を見る目がなかったのだ。その他の大多数の女は、俺の異常な面というか、悪い面ばかり見て拒否してくるので、結果的に今でも童貞である。そう、俺は女を見るという点においても発達障害なのだ。
俺の変わり者という点は、面白がってくれる男もいた。けれど「ムカつく」と感じる男も少なからずいたようだ。その結果、俺は妙に敵を作ってしまう性格である。もちろん俺にだけ責任があるわけではないのだが。俺は要するに、正常に他人とコミュニケーションを図る術を、正常に身につけられなかったのだ。
以上のことを、全部が全部俺自身の責任だというのはやめてほしい。はっきり言って、半分以上いやほとんどは、社会の責任である。この日本という「監視社会」が悪いのだ。他の国に生まれていれば、多分正常に成長していたのかもしれない。
それで最近は、他人との関わりの中で取ってしまった愚かな行動や軽率な行動を、「やっぱりこうしていればよかった」と考えてしまうことが増えている。けれど「時は一直線」であり、時は決して戻らない。時のベクトルは真っ直ぐに未来へ向かって進んでいき、それが変わることはない。だから全ては後の祭りであり、まさに「後悔先に立たず」である。
しかし齢40を過ぎた俺だけど、人は日々成長するものである。俺の人生がどれだけ続くのかわからないが、この時点で過去の誤りに気づいたのだから、今後直せばいいのだ。死ぬまで直らないよりはずっといい。「バカは死んでも治らない」というが、俺は人生の半分くらい(?)の時点で、ようやく気づいた。だからこれから改善すればいいのだ。人間日々是成長である。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)