4月 152019
 

漫画「ハイスコアガール」を読んだ。これは去年の夏にテレビでアニメがやっていた作品だが、90年代のアーケードゲームを題材にしているので、懐かしく思い見ていた。
漫画自体は面白かった。アーケードゲームを介した三角関係というもので、主人公のハルオが最後まで恋に鈍感なセックスレス野郎というところも良かった。日高も大野さんも可愛いしな。
それにしても思い出すのは、90年代のアーケードゲーム。俺は高校生の時からゲーセンにサルのようにハマっていた人間で、多分ゲーセンに総額100万円はつぎ込んだと思うくらいゲーセン好きだった。高校2年生の時かな、ストリートファイターIIが登場して、高3の時にターボが登場して、大学1年生の時にXが登場して、ず~っと大学卒業までやり続けた。
ハイスコアガールを読んでいてわかったのは、「やはり2D格闘ゲームの最高傑作はスーパーストリートファイターⅡXだ」ということ。90年代に格闘ゲームがブームになり、いろ~んな格ゲーが出たが、正直粗製乱造されたようなのも多かった。ジョジョの格ゲーとかロボットの格ゲーとかいろいろあったし、ストリートファイターⅢなんてのもあったけど、俺はあまり食指が伸びなかった。
けどスーパーストリートファイターⅡXは、登場してから8年間、つまり俺が大学を卒業するまで、ず~っとやり続けた。それくらい2D格ゲーとしては完成されていたし、面白かった。事実大学の近所のゲーセンに最後まで置いてあったから、愛好者も多かったのだろう。今でもPCでストリートファイター4とか5をやることもあるが、俺は声を大にして言いたい。「2D格闘ゲームの最高傑作はスーパーストリートファイターⅡXだ!!」と。
そしてこれの略称は、スパⅡXではなくストⅡXだとも言いたい。いいじゃないか、俺の青春だったんだ。虚しく孤独な大学時代、俺の心を癒やしてくれたのはゲーセンだった。ストⅡXは、そんな俺をゲーセンに繋ぎ止めてくれた、まさに「恋人」のような存在だったのだ・・・!
ハイスコアガールを読んでると、作者のストⅡXへの愛が随所に出てきて嬉しい。最後の最後に勝負をするのもストⅡXだし、ガイルさんがハルオの心の師匠だし、とにかく良かったよ、ハイスコアガールは。
・・・そんな俺だが、昨年PC用のストリートファイター5を買った。パッドでやろうと思ったのだが・・・なんと溜めキャラがコマンドキャラに変更されている!!俺はブチ切れたね。これじゃ全く別のゲームやろが!!俺はバルログとかガイルとか溜めキャラ使いなんだよ!それをコマンドキャラにしたら使えねーだろ!!ナメてんのか!!!
まあストリートファイター5のことはどうでもいい。今はやろうと思えばエ◯ュでストⅡXできるしな。けれどハイスコアガールを読んで、あの甘く酸っぱい青春時代をちょっとだけ思い出してしまった。良かったなあゲーセンは。もうあの時代は戻ってこないんだな・・・(涙)。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)