6月 292019
 

俺はPCゲームが好きだが、最近はあまりやっていない。PCゲームというとSTEAMの寡占状態だが、数年前までは年に何本もゲームを買っていた。しかしここ2年ほどはほとんどゲームをやっていない。それはSTEAMで面白いと思うゲームを大抵やってしまったのと、新しい面白いゲームが出ないからだ。
10年以上前、つまり2000年代は、サルのようにゲームをやっていたっけなあ・・・。初めて買った富士通のPCがグラフィック機能が絶望的に弱くてPCゲームが全然動かず、フリーゲームもろくにできなかったので、ウイルスでそのPCが壊れて、新しいDELLのPCを買ってゲームが動くようになると、狂喜してPCゲームをやりまくったものだ。
コンシューマ機のゲームしかやったことがない人間がPCゲームに触れ、その奥深さに感動して次々にゲームを購入し、当時はSTEAMが無かったので、アキバで中古のゲームを買ったりヤフオクでゲームを漁ったりして、まさにサルのようにPCゲームをやっていたものだ。
特に俺を惹き付けたのはフライトシムで、子供の頃から飛行機が好きだった俺は、コレクターのようにフライトシムを集め、憑かれたように毎日やっていた。それが昂じてホームページまで作ってしまったほどだ。あの頃は良かったなあ・・・。毎晩IL-2 STURMOVIKやFighter Aceのネット対戦をやり、CFS2のアドオンを集め、Windows98でしか動かないゲームのためにわざわざ低スペックPCを用意したり・・・。まさにゲームキチガイだった。
最近ではフライトシムは絶滅寸前だし、新タイトルも魅力的なものが出なくなり、すっかり情熱も冷めてしまった。PCゲームの世界自体が、10年前ほどのクリエイティビティを失っているからな、今は。面白いフリーゲームも消え失せたし、革新的なPCゲームというのもめっきり出なくなった。なんつーか大作志向というか、「ちょっと面白いアイデア」を製品化しづらくなってるよな、今は。
今でもふと思い立った時にフライトシムのネット対戦やFPSのネット対戦をやることもあるけど、10年前ほどの熱中はできなくなってる。あの熱い時代に若い年代だった俺が幸せだったのかな・・・。今はスマホゲーが全盛みたいだけど、俺は頑固なPCゲーマーなのでスマホゲーなんて絶対にやらない。でかい画面でガチャガチャやるのが好きなんだ、俺は。
そんな俺が今ちょっと気になっているのは「X3」というPCゲーム。2008年発表のスペースコンバットシムで、自由度の高さがウリらしい。こないだ買った貴志祐介の小説を読み終わったらやってみようかな・・・。やっぱあの時代のゲームが一番面白いし。こういうちょっと古めのPCゲームを探してやってみるのもまた楽しい。「カンパニー・オブ・ヒーローズ」なんかも気になるな。やはり引きこもりは定期的にゲームをやるのが、精神衛生上もよろしい。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)