7月 172019
 

俺はネットで小遣い稼ぎをしていると以前書いたが、そのサイトがとてつもなくバカなサイトだというのも書いた。そして今調べてみたら、俺が文章を書いているようなサイトは、「いかがでしたかブログ」と呼ばれているのだそうだ。
要するに、記事の末尾に「~いかがでしたか?」という一文を付けて文章を締めくくっているような体裁のサイト、だかららしい。
確かに俺も、記事の末尾に「いかかでしたか?」と締めくくったことはある。しかし誰に習ったためでもない。いつの間にか、そういう文章の書き方が身にしみてしまっているのだ。
この文章この文章を読めばわかるが、やはり俺のような「いかがでしたかブロガー」は、皆やっていることは同じのようだ。Wikipediaの内容を文体を変えて書く、既存のいかがでしたかブログの文章を表現を変えて真似する、コピペチェックツールに引っかからない程度に表現を変えて書く、など・・・。なぁんだ、みんな同じこと考えてるんじゃん、と思って少し安心した。また「SNSをベタベタ貼り付けて~」というのも、俺だけが思っていることではなく、やはり誰でも思うことのようだ。
こういうバカサイトが蔓延するとネット社会が退化してしまうのでは・・・と杞憂を抱いているのも俺だけではないようで、要するに俺が思ってることって皆が思ってることだったんだね。そりゃそうだよなあ、こんな糞の役にも立たないバカサイトが検索上位に来るんじゃあ、ネットのユーザビリティが下がるもの。
しかしまさかこういうサイトに「いかがでしたかブログ」なんて蔑称まで付けられているとは・・・そして俺自身がそれに加担して金をもらっている立場だとは・・・。上記の2サイトには、俺が言いたいことが集約されてみな書いてあるので、よく読んでみてほしい。
今のところ一記事700円だけど、それってどうなんだろ。一文字換算で0.5円にもならないんだが・・・。せめて一記事1000円とか、できれば一文字一円とかになってくれたらいいのになあと思いながら、今日もセコセコ駄文を書いてる。早いもので昨年12月に始めてからもう7ヶ月も経った。何も得るものはないし、何かスキルが伸びたということもない。ただのバイト以下の駄文書きだ。これでいいのだろうか、いかがでしたかブロガー!

・・・いかがでしたか?今回もお読みいただきありがとうございました。早く人生が終わってほしいですね!

  2 Responses to “いかがでしたかブロガーとして半年以上経った”

  1. 「●●とは? 学歴は? 年収は? 調べて見ました。」「●●がXXかは分かりませんでした。」みたいなヤツですね!?

    腹立たしかった一方で、ものすごく気になってたんですよ。
    これ書いてるのってどういう人なのか、書いてるときナニ考えてるのか、と。
    もしかしたら何らかのアルゴリズムにしたがって自動生成してるのかな、とも思ってました。

    生身の人間が書いてたんですね・・。

    この種の量産サイトに、一種不気味さを感じていたんですが、”中の人”がきちんと感情なり意思なりがあって書いてたんだと知れてよかったような気がします。

    すみませんけど、迷惑なことにかわりはないんですけどね・・・。

    でも、それで少しでも生計の足しにする人が居るなら、それも良いかな・・けど、それが積み重なると、確かにおっしゃるとおり、ネットの効用が無駄なテキストで食いつくされてしまうな・・あ、考えてみたら自分のブログもろくでもないな・・・と複雑な気分になりました。

    • そうなんですよ生身の人間が書いていたんです。
      そして書いてる人はそれがバカバカしいと思いつつも、金のために仕方なく書いていたんですよ!
      自分がネット世界にゴミを撒き散らしていることは百も承知なのですが、仕方ないんです・・・。
      こういういかがでしたかブログには、最底辺の涙と悲しみが詰まっているんです。決して喜んで書いてるわけではないのです。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)