10月 262019
 

俺の読んでいるブログの主が、アフィリエイトを貼って小銭を稼いでいるという。
そういう「ネットで小銭を稼ぐ」というのは、一昔前にはずいぶんもてはやされた話題で、俺も興味があった。事実、俺も昔運営していたホームページには、アフィリエイトの広告を貼っていたものである。
しかし今や、そういうので稼ぐのはまず不可能だということを皆がわかってしまったので、そういう話題に騙される奴はさすがにもういなくなったのではないだろうか。
そのブログ主も、最初は頻繁に日記を更新してPV稼ぎに四苦八苦していたようだが、最近は更新頻度もめっきり減ってしまったので、多分ネットで金を稼ぐなんてことはまず無理だということがわかったのだと思われる。
俺のホームページはかれこれ15年前に作って昨年までずーっと公開していたのだが、内容は「PCゲームの紹介・音楽CDの紹介・エッセイ・自作小説・歴史の考察・ブログ・掲示板」と、なかなか盛り沢山だった。作って数年後にはSSHが使えるサーバを借りて独自ドメインを取り、CGIなども使っていた。NAMAZUのサイト内検索も設置していた。なんというか、ああいう「古き良きホームページ文化」の時代は終わってしまったと思ったので、消してしまったが。
けどYahoo!カテゴリにも登録されてたし、ゲームの名前でググると全てのページ中の一番上に検索結果が出たり、ユニークアクセスで50000人以上来たから、割と良いホームページだったと思う。
思い出されるのは、南米にいた頃、ある零細SEO企業からメールが来て、「広告を載せてくれたら謝礼を払います」と言ってきたことだ。これは確か一ヶ月で1500円だか3000円だかの稼ぎになったんだったかな。認められた気分がして、結構嬉しかったな。その他アマゾンのアフィリエイトも貼ってて、合計で月に数千円の収入があった時期もある。結局「個人ホームページで広告を貼るのは邪道だ」とかわけのわからん強迫観念が出てきて、全部剥がしてしまったが。
当時のホームページのパーツは今でも全部とってあるが、素材は全てフリーソフトで作った。ン万円もするフォトショとかを使えばすぐに出来ることを、複数のフリーソフトで工夫して組み合わせて使い、いろんな素材を作ったのが懐かしい。
せっかくだから、当時の俺のホームページのバナーを参考までに貼ってみる。当時から飛行機とフライトシムが好きだった俺の、情熱の欠片である。いい思い出だ・・・。
 

  2 Responses to “自作ホームページの思い出”

  1. 全くその通りで、生活費なんて無理でせいぜいがビッグマックセットをたまに食べるぐらいですね。
    うまいこと考えてた自分が恥ずかしい。

    なんとか引きこもったままでも生きて行けるようになりたいです。
    実は性懲りもなくアダルトサイトも作ってみたんですが、それも最高収益は月200円ほどでした(笑)

    • 儲からないですよね~、ネットの小遣い稼ぎ。
      私も昔は「まとめサイト作って年収一千万!」とか甘い夢を見ていました。
      やはり働かざる者食うべからずなのでしょうか・・・。
      クラウド○ークスのほうも単価が上がらずに腐り気味です。
      カーチャソに月3万くらい渡せるようになりたいのですが・・・。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)