11月 132019
 

はぁ・・・世界滅びないかな。
ぶっちゃけ、俺は世界がどうなっても全然構わない。俺の人生なんてもはや修復不可能な負け組人生だし、このまま生きてても暗い未来しかないだろうし。「希望のない人生」というものは、それそのものが人を不幸にする。
思えば9年前の2010年、世界が滅ぶ切っ掛けはあったのだ。そう、ジャスミン革命である。カルタゴの故地であるチュニジアで起こったあの事件で、リビアもエジプトも政権転換し、そのままサウジやシリアに飛び火し、世界各国がシリアに軍事介入しそうなところまで行った。
あの時俺が余計なことをしなければ、そのまま世界大戦になり、その結果世界は滅んでくれてたのかもしれなかったのに・・・。ああ、俺のバカ。自分で自分の首を絞めるようなことを何故してしまったのか。
ローマ法王も辞任したし、シリアへの軍事介入もポシャってしまったし、せっかくアーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」と「2010年」に起因する千載一遇のチャンスは潰えてしまった。また何かあるとすれば、その9年後の2019年つまり今年だったのかもしれないが、何も音沙汰がない。サウジとイランにもっと頑張ってほしかったのだが、両国ともおとなしいままだ。
ここ数年でいろいろなディストピア小説を読んだが、マジであんな感じになりそうな気配である。中国なんて監視カメラが3億台とか言ってるし・・・。
テレビで安倍の野郎の黄色いネクタイを見るだけで怒りが湧いてくる。もう滅んじゃっていいよ、世界。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)