8月 312020
 

読んでいる人もほとんどいないであろう俺のこのブログだが、この度サーバーを移転しました。
前に使ってたサーバーはハッス○サーバーというところだったのだが、典型的な「安かろう悪かろう」のサーバーで、安いだけあってレスポンスは遅いし、シェルログインもできないし、それにデータベースのバージョンが低くてWordpress本体のバージョンアップができない。これに関して運営にメールを送ったのだが、口先だけで全くやる気が見られない。バージョンアップできないせいでプラグインが使用不可になったりエラーが出まくったり、ぶっちゃけ「使い物にならない」レベルまで質が落ちたので、今回ついにブチ切れて、丸ごと移転することにした。
移転先はURLを見ればおわかりの通り、さくらインターネットだ。ここは昔使っていたことがあるが、値段も手頃で性能も充分、サポートもいいし、まあ昔からある定番のおすすめサーバーだ。シェルログインもできるので、昔ITで働いてた時期に覚えたターミナルでコマンドを打ち込んで、Wordpressをインストールした。
そういえばあの頃はUNIXとかLinuxを弄ってたんだよな、仕事で。まあITに勤めた時間はわずか数ヶ月だったけど、あれでコマンドなんかを覚えて、南米にいたときもUbuntuを使ってたりしたのだ。あっちでターミナルを使ってNAMAZUとかCGIとか弄ったなあ・・・懐かしいな。なんか再び落ち着く場所に戻ってきたような気がするな。
せっかくサーバーの容量がたっぷり空いているので、そこになんかサイトを作ってみたい気もするな。エロサイトとか。このサイトのリンク集にある某ブログの主も、エロサイトを作ってはみたものの惨敗だったらしい。あの主は元気にしてるのかな。
俺もあと10年若かったらなあ・・・。UNIXとかLinuxとかもっと勉強してエンジニアを目指してもよかったんだが。あのITの職場は確かに何を考えているのかわからなかったし、それは今の事業展開を見ても思うけど、辞めなきゃよかったな。人間関係も良好だったし、何より俺の天敵の「メス」がいなかった。とても居心地の良い職場だったよ、今考えれば。もう少し我慢するべきだったな。まあ今となっては何もかも遅いが。
ターミナルでUNIXコマンドを打ち込みながら、ふとそんなことを思ってしまった夏の終りであった。

8月 272020
 

最近ずっとFF7をやっていたが、ラスボスで詰んだ。セフィロスの第2形態だけど、いくらなんでも強すぎだろ。直前にセーブポイントもないし、あまりにも強すぎるので諦めた。
ん~なぜ日本のゲームというのはラスボスを異常な強さにするのかな。これって萎えるし正直リアルでもないと思うんだけど。もう「ラスボス=最強」って図式が当然になってるよね。昔やったスティーブ・ジャクソンのゲームブックでは、ラスボスがすごく弱いのもあったけど、そっちの方が現実味があると思う。なんつーかラスボスを倒すのも攻略の一つというか、バカの一つ覚えみたいにラスボスを最強にするっていうのは、日本人ゲーム制作者の頭の悪さを露呈しているというか・・・。
そりゃ洋ゲーだってラスボスはたしかに強いけどさ、閉口するほど尋常じゃない強さってのはないし、チートを使って何とかできたりもするし、ちゃんと「クリアできる」のを前提に作っていると思うよ。去年やったPS2のドラクエ5もそうだったけど、異常なほどラスボスが強いっていうのは萎えるから何とかしてほしいよね。まあドラクエ5もFF7も20年以上前のゲームだから最近のはどうだか知らんが。
とにかくFF7はもう終わり。YouTubeでエンディングを見てよしとした。けど初めてのFFだったけど、その他は面白かったけどな。ミニゲームがいっぱいあったり、マテリアの仕組みとか、必ずしも仲間にならないキャラがいたり。ドラクエよりストーリーも良かったし、それなりに楽しめた。
そして小説の「三体」も読み終わった。Ⅰ巻からどう繋がってるのかと興味津々だったが、中だるみしない展開で楽しめた。Ⅱ巻は上下に分かれているのでボリュームがあったけど、読みごたえがあった。来年出るというⅢ巻も楽しみである。
三体はなかなかすごい小説なので、読み終えて中国恐るべしと思ってしまった。とても日本人にはあんな小説は書けまい。日本で人気の作家といえば伊坂幸太郎とか東野圭吾とかだろうが、三体はこんな連中の作品のレベルを遥かに超えている。ううむ今後は文学やSFの分野でも日本は中国の後塵を拝するようになるのだろうか。
MSFSを快適に動かすためにPCのスペックを上げたのが功を奏して、IL-2BOSも快適に動くようになった。最高設定でもFPSが60で張り付いて動く。今までのヘボスペックよりもずっと美麗な画面でサクサク動くので、ネット対戦が捗るな。それにCPUクーラーを替えたついでにファンコンを入れたおかげで音も小さくなって、しかも冬並みに冷えるようになり、MSIのグラボを買ったのでアフターバーナーというやつも入れてみて、ゲーム中にFPSや温度などもわかるようになった。
三体も読んだしFF7も終わったし、しばらくはMSFSやIL-2BOSといったフライトシムをやろうと思っている。秋になったらDisintegrationというPCゲームの日本語版が出るので買う予定だ。最近ダイエットに励んでいるおかげで体重が徐々に減ってきてようやく二桁になりそうだし、やっぱあれだ、「捨てる神あれば拾う神あり」だな!

8月 202020
 

遂にMSFSが発売された。俺は発売日に速攻でダウンロードしたが、これが長い!全部で100GBくらい落とすのだが、かれこれ10時間かかった。
で、実際にやってみると・・・確かにグラフィックは綺麗だ。俺はULTRAでやってみたが、FSXからずいぶん進化した画面で、ではやはり重いのかと言われれば、ULTRAでFSXの最高画質の重さと同じくらい。つまり充分遊べる。
まだ出てから日が浅いのでプレイするのはこれからだが、かなり楽しませてくれそうなタイトルである。でも起動するのにやはりかなり時間がかかるので、それだけはいただけないな。まあ今後はもっと読み込み速度の速いデバイスが普及していくだろうから、そうなったら解決される問題ではあるが。
ハードウェア面では、結局CPUはCore i7-6700そのままで、メモリをDDR4の32GBにして、グラボをGTX1660SUPERの6GBにした。金は・・・まあこないだ貰った給付金で賄える範囲だ。ついでにCPUクーラーがタバコのヤニでガビガビだったので、分解清掃しようとして外してみたら、足のピンが折れている・・・。これをはめてくれたのは某ピーシー○ブンのおっさんなのだが、なんかいい加減だなあ・・・。仕方がないのでCPUクーラーも新しいのを買った。その結果真冬並みにCPUが冷えるようになったので、まあ怪我の功名か。
とりあえず最低限の出費でMSFSという最新ゲームが動くようになったので、今後が楽しみである。このPCスペックでこれだけ動いてこれだけのグラフィックなら、充分及第点だと思うよ。唯一残念なのは日本語版がないことだけど、そのうちパッチで対応してくれることを祈ろう。
三体の続編も届いたし、これからが楽しみである。
 

 

8月 112020
 

ついに待望のMSFSの最新作、MSFS2020が発売される。発売日は8月18日だということなので、あと1週間だ。いやあワクワクしてきたな。
今のところエ◯ュでFF7をやっている真っ最中で、これがかなり面白い。今までFFは食わず嫌いで全くやったことがなかったが、ドラクエとかゼルダみたいなガキ臭いストーリーでなく、ちゃんと大人のプレイにも耐えられるような筋書きなため、やってて楽しい。20年以上前にこんなちゃんとしたRPGが日本にもあったんだな。
そしてFF7をクリアしたら、いよいよMSFS2020を買ってみようかな~と思案中だ。けど以前も書いたように、俺のPCはスペックがヘボい。CPUはともかく、メインメモリ8GBにVRAM2GBって・・・これじゃせっかくの美麗なグラフィックでは快適に動かないことは必須なので、どうしようかと考えている。メモリとグラボを換装するか、思い切って新しいPCを買うか・・・。前者なら数万円で済むが、後者だと20万コースだ。
今までコツコツ貯めてきた金にこないだの給付金を合わせれば、新PCも買えるっちゃあ買えるが、今のPCで特に不満がないし愛着もあるので、どうしよっかな~と迷っている。MSFS2020以外のものはみな快適に動いてるしな。
その他にも今はストレージにSATAのSSDを使っているので、できればM.2のSSDも欲しい。なんたってMSFS2020は、容量150GBというモンスター級のバカでかさを誇る最新ゲームだ。ストレージも高速な方が快適にプレイできるだろうし。てかうちのネット回線は光回線なのに、集合マンションだからか速度がイマイチなので、150GBダウンロードするのに何時間かかるか今から頭が痛いが。それにSSDも実質433GBしか容量がない古いやつなので、空き容量も心もとない。やはり1TBのM.2のSSDは魅力的だ。
とりあえず発売日が1週間後なので、ネットで充分にレビューを見て、必要とされるスペックがちゃんとわかってからどっちにするか決めようと思う。それまではFF7で楽しもう。
あ、そうそう、中国人作家が書いたSFの「三体」の続編を買ったよ。1巻は去年の暮に読んで非常に面白かったので、続編も期待だ。弟も読みたかったらしく、先日のうちでやった暑気払いの時に1巻を貸してやったらすごく喜んでいた。2巻は上下巻に分かれてて長そうだから迷ってたが、アマゾンのレビューで高評価だったので買ってしまった。しばらくはFF7と三体、この2つで楽しみつつ、MSFS2020の情報を集めてwktkしよう。

8月 052020
 

半年前までいかがでしたかブログの記事を書く内職をしていたが、書きながら「誰が見るんだこんなクソサイト」と思っていた。
本当にああいういかがでしたかブログは、クソの役にも立たない駄情報で埋め尽くされ、スキあらばSNSをベタベタ貼って、まあ頭の悪い誤タップ誘発サイトだな~と、書きながら嫌気が差していたので、お払い箱になった時は正直ホッとした。
そんでさっき、あのサイトは今どうなっているのだろうとふと思い、何気なく見てみた。そしたら、もう1ヶ月くらい新記事が無い。俺がお払い箱になったのは新しい書き手が見つかったからのようだったが、どうやらその書き手にも逃げられたらしい。そりゃそうだろ、カスみたいな低賃金でネット世界にゴミを撒き散らす仕事なんて、誰だってやりたくないし。
そのサイトの更新履歴を見てみると、5月末までは新記事が投稿されていたが、それ以降は10日に一度くらいのペースになり、その後は1ヶ月に一度になり、今ではもう最新記事が一ヶ月前のものだった。おそらく俺の次の書き手に3ヶ月で逃げられて、その後は例のクラウド○ークスで臨時の書き手を募集して書き繋がせているようだ。
ああざまあみろ。俺が自分の貴重な時間を浪費してまで嫌々書いていた記事々々、あれは実は今でもローカルに保存してあるのだが、あれだけ貢献してやったのにアッサリ俺を切り捨てるから後続の書き手にも逃げられるのだ。てか自分のサイトがゴミ以下のクズサイトだって気づけよな。マジでマトモなネットユーザーならおまえのサイトなんて見ないから。ハハハハ。
もしあのクズサイトの管理人が、俺に頭を下げて「もう一度書いて下さい」とお願いしてきたら、やぶさかではない。ただしその際、一記事の条件は同じで、単価は1500円はもらわないとな。それくらいの条件なら、もう一度書くことを考えてやってもいい。以前は一記事700円ぽっちしかよこさなかったが、1500円なら考えてやってもいいわ。それくらいでないとあんなくだらないサイトに注力したくないし。まあお願いしてこないだろうけど。
兎にも角にも、ゴミ以下のいかがでしたかブログの栄枯盛衰を見るようで、俺にとっては溜飲が下がった。一体今はどれだけ舐め腐った単価設定にしているのだろう。たった3ヶ月で逃げられるんだから、多分400円とかそんくらいしか出してないんじゃないかな。結果を求めているのに対価を払わない・・・。まったくクソ以下のいかがでしたかブログにふさわしい末路だ。このままGoogleの検索結果から弾かれてしまえ!ハハハハ。