3月 092020
 

俺はダメクリスチャンというかなんちゃってクリスチャンというか、あまり教会の礼拝に行かないクリスチャンの端くれだ。
そんな俺だが、かれこれ2年近く礼拝に出ていなかったけれど、昨年末からそれまでに行っていたのとは別の、自宅のすぐ近所の教会へ礼拝に行くようになった。
なぜ別の教会にしたのかというと、理由は簡単、「近いから」だ。それまでのところは自転車で駅前まで行かなければならないが、新しいところは歩いて5分の距離である。それに牧師さんも俺にちょっとした縁のある人なので、ものの試しに行ってみることにした。
礼拝というのはどこの教会も一緒のようで、その二つの教会は宗派が違うのだが、やっていることは同じだ。来ているのがジジババばかりというのも同じ。どっちも若い人は数えるほどしか来ていない。
それで約2年ぶりに礼拝に出たのだが、その甲斐はあったと思う。だからこれからはちょくちょくその教会の礼拝には出ようと思っている。
昨夜は初めて夜の礼拝に行ったのだが、5人くらい信徒が来ていた。土曜日の深夜はラジオを聴いているので日曜の朝に寝ていることが多い俺は、夜の礼拝というのはありがたい。夜礼拝をやっている教会というのは少ないと思うが、ここはその一つなので、今後は朝起きれない時は夜礼拝へ行けばいいな。
昨夜の礼拝の前に、信徒の一人と話したが、その人が言うには「私の人生を見てみれば、なぜ教会に通ってるのに救われないんだって感じですよ。本当にひどい人生です。けど自分で蒔いた種ですからね」と語っていた。その人がどれだけ大変な人生を送っているのか知る由もないし、俺の人生よりひどい人生ではないだろうなと思うが、やはり教会に来るような人というのは「救いを求めて」来る人が一定数いるようだ。信徒には先祖代々クリスチャンだったという人が多いと思うが、彼や俺のように救いを求めて来るようになる人もいる。このへんが仏教とキリスト教の違いである。
俺は礼拝への出席率はとても低い不敬虔なクリスチャンだが、神様を信じる気持ちは人一倍強い。最近の世の中の動きを見て、その思いをさらに強くした次第である。灯台下暗しというか、自宅の近所にこんな教会があることをつい最近まで知らなかった俺だが、今後はちょっとだけ心を入れ直して、礼拝へ行こうと思う。
あ、ダイエットしてあと6kg痩せたら、前の教会にも行くよ!痩せた姿を見せたいからね。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)