4月 132020
 

俺の人生って、親とか友人とか先生とか、そういう「周りの人」に何か影響を受けたことって、ぶっちゃけ一度もないと思う。
では何に影響を受けたか?と問われれば、それは「マンガ」、特に「ドラえもん」の影響が強かったと思う。
俺はドラえもんに関しては一家言持っている男で、単行本も全巻持っていたし、テレビアニメも毎週見てたし、映画も6作目まで映画館に通ったし、言っちゃなんだが「ドラえもん博士」を自負していたほどである。ガキの頃は藤子先生に憧れて自作のキャラをノートに描いていたこともあった。
藤子先生の作品の何が素晴らしいかというと、押し付けがましくないところだ。漫画を読んでいるとしばしば「作者のイデオロギー」が垣間見える作品というのがあり、それは雁屋哲の作品などではとても顕著だが、藤子先生の場合はそういうのがない。しかし読めば読むほど、その「言いたいこと」は強く伝わってくる、という不思議な作品を描くのだ。
ドラえもんがのび太に語るいろいろな事、人生訓のようなもの、そういうのは作品中にしばしば見られるが、どれも押し付けがましくない。しかし心には不思議と刺さる。そういう不思議なメッセージが、藤子先生の作品には込められている。
そういうものの中で、一番俺の心に残っているのはこれだ。

・・・戦争というものをたった1コマで結論づけてしまう藤子先生、俺はこのコマを見る度に、自分の未熟さと世間の人たちの愚かさをしみじみ思い知る。人類にとって最も災厄をもたらす行為である「戦争」を、藤子先生はわずか1コマであっさり結論づけている。これ以上の真実はないし、戦争というのはこれ以上でも以下でもない。
そして藤子先生の作品で最も素晴らしいのは、子供の友情というものを普遍的なテーマとして扱い続けたことだ。ドラえもんもオバQもハットリくんもパーマンも、みな「友情」というものをベースにして成り立っている作品である。
俺が子供の頃に読んで、思わず涙を流したコマがこれだ。

いつまでもいつまでも・・・。そう、ずうっと夢のような時間が続けばいいなと、子供は願うのだ・・・それが儚い夢だとしても。正ちゃんとQちゃんは、ずっと友達だ。俺はこのコマを見て、今のニート生活を思う時、オバQのテーマソングだった「大人になんてならないよ」という言葉を噛み締める。僕は大人になんてなりたくない。ずっとずっと、子供のままでいたい。そう願うのは、俺が大人になってもずっとドラえもんが来てくれることを待ち続けている、大きな子供のままだからなのだろうか。
人は誰しも大人になる。時は待ってはくれない。そう、人は年を取り、顔に皺を刻み、腰は曲がっていき、それでも僕はドラえもんとQちゃんを待ち続け、探し続ける。

レ・ミゼラブル、ああ無情。時は無情なり。永遠の子供など存在しない。いるとすれば、それは楽園の天使だろう。僕もあれから年を取り、手は汚れ、世の中の汚い部分をたくさん見てきた。それでも生はまだ続き、その先に茨があっても、険しい崖があっても、時は機械的に流れ行く。
「大人になんてならないよ」そうQちゃんは歌っていた。けれど僕は、大人になれなかった可哀想な子供なのだろうか。皆に置いていかれた、周回遅れの哀れな道化なのだろうか。ホワイトスネイクの「Here I go again」に「Like a drifter, I was born to walk alone.」と歌われているが、独りきりで歩き続けるのは寂しいし疲れる。
だから僕は待つ、誰かが現れるのを。それはかつて会った恋い焦がれるあの女性だろうか、それとも・・・。

  2 Responses to “大人になんてならないよ”

  1. Qちゃんが「正ちゃんにこどもがね…」と言って空へ飛んでいく場面が気になったんでggってみたら・・・あの作品には「その後」を描いた外伝があったんですねえ。知らなかった。
    それにしても孤毒男さん、相変わらず切ない文章が上手いですね。行間から哀愁がにじみ出てますよ。
    記事を読んだ後、子供時代に流行っていた漫画や歌謡曲などをネットで検索してたらあっという間に朝になりました。笑
    今から思い出を抱いて寝ますわ…zzz

    • あの場面は「劇画 オバQ」という作品のラストシーンです。
      オバQに出てるみんなが登場するけど、皆大人になっていて、Qちゃんが寂しそうに空へ飛んでいくんですよね。
      藤子先生はあの作品で「大人とは何か、子供とは何か」という問いに答えを出しているんです。
      藤子先生の短編集は非常に含蓄があるので一読をオススメします。
      虫歯は大丈夫ですか?私も今日これから歯医者です。1年半通っているのにまだ終わりません。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)