5月 232020
 

俺は大学でインドのことを専攻していて、その関心は常に「日猶同祖論」がベースにあった。それで今でもたまにそれ関係の本を読むこともあるんだけど、なんか昔より質が低下しているような気がする。
俺が本を探すのはアマゾンで、本屋にはもう長いこと行っていない。それでアマゾンで「日猶同祖論」で検索して出てきた本をざっと眺めてみたんだけど、なんかすごく質の低いものばかりのような気がする。
20年くらい前からか、世間では「トンデモ」なんて言葉が市民権を得て、やれこういうのはオカルトに毒されたトンデモだとか、こういうのは根拠薄弱なトンデモだとか言われるものが増えた。こういうのには気をつけねばならず、この「トンデモ」という単語を使う者は、「=自分の理解の範疇を超えているものは全て嘘」「=学校で習うこと以外は全て嘘」みたいな安直な思考に嵌まり込んでいて、逆に真実を見る機会を自分で奪っている。そもそも「トンデモ」という単語を作った者自身が、そういういわば突飛な論に関する反論のための根拠を持っていない。ただ単に「自分が信じることができないから、トンデモなのだ」という論拠で、単にレッテル貼りをしているだけだ。要するに為政者にとって都合の悪い議論を封殺するための道具に過ぎない。この「トンデモ」という単語を使う者がいたら、2種類の意味で気をつけたほうがいい。一つは「言論封殺をしている手先」であり、もう一つは「思慮の足りないバカ」だ。世の中の真理はおまえが思っているほど単純ではなく、世の中はおまえが思っているほど単純ではない。
話が脱線したが、俺は日猶同祖論の本を昔はよく読んでいて、その中にはもちろん胡散臭いものもたくさんあった。と言うより、正確に言うと、ネタ元がどこかにあって、他の本はその焼き直しみたいな感じが多かった。だから本当に役に立つ本を見つけるのには苦労したし、また日猶同祖論とは直接関係のない本からヒントを得られることもあった。
最近はああいう話題の舞台はネットに移ったようで、下手に本を探して読むよりネットを検索した方が情報が多かったりする。けれど大抵のサイトは、やはりネタ元がどこかにあって、それをコピーしただけのようなものが多いようだ。ではそのネタ元とは?というと、やはり八切止夫や鹿島昇のような人たちの本のようだ。つまりそういう人たちの本を少なからず読んだ俺にとっては、もはや焼き直しを読んでいるのと同じことで、あまり新しい発見はない。新しい説を語った情報源がないのも、「トンデモ」という単語が市民権を得た弊害なのかもしれない。
それとは関係なしに、最近YouTubeでオカルト関係(に分類される)動画を頻繁に見ているのだが、そういうのを見ても、やはり新しい発見はない。要するに、もうネタが出尽くしたということか。であればそれは、既存の情報ではそれ以上のことはわからないということである。日猶同祖論については、もうこれ以上議論する余地はなく、何も新しいことはわからないということだろうか。
では海外はどうなのかというと、かのグラハム・ハンコックが今でも新著を出していたり、そういう関係の議論は今だ続いているようだ。生憎俺は英語が苦手なので海外のサイトを読むことはないが、日本に限った話、ネット時代になってそういう議論も深化するかと思ったら逆に尻すぼみになるというのはどういうわけなのだろう。やはり「トンデモ」という単語が市民権を得て浸透したことが決定的だったのか、それともネット如きでは深い議論ができないと好事家たちが愛想を尽かしてしまったのか。20年近く前の2ちゃんねるは、もう少しマシな議論ができていたように思うけどね・・・。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)