7月 042020
 

俺はいわゆる「社会人」ではない。つまり、一般的な通念では、俺は社会の一員ではないとされている。
けれど俺は、この「社会」という考え方が大っ嫌いだ。何よ、「社会」って?仕事をしていない人間は社会の一員ではない?ふざけんな。社会ってのは落ちこぼれも無職も含めての概念だろうが。たかが仕事をしていないだけで、人間世界の一員ではないみたいな通念、こんなのはクソくらえだ。
例えば、インドという国がある。あの国にはカースト制度があって、非常に様々な職種に就いている者がいて、もちろん職に就けない者もいる。しかし皆、インドという国を構成する一員である。
もし「仕事に就いていない者は、社会の一員ではない」のなら、それはつまり「=一定の条件をみなしていない者は、社会の一員ではない」ということであり、であればそれは差別主義者の考え方だ。
インドには、糞の汲み取りしかやらせてもらえない者や、獣の屠殺しかやらせてもらえない者、ネズミを喰らっている者、両腕を切り落とされて乞食をさせられている者、そういう人間以下の生活をしている人間たちが大勢存在する。しかし全員、インドという社会を構成する一員である。そういう最底辺の人間も含めての「社会」である。もし「一定の条件をみなしていない者は、社会の一員ではない」のなら、インドのそういう人間たちはインドという社会の一員ではない、ということになる。しかし実際にはそんなことはない。
日本には、口先だけ「自由」とか「平等」という言葉を発する者に限って、こういうことがわかっておらず、差別主義的な考え方を持っている奴がいっぱいいる。俺の親戚にもそういう奴がいて、そいつは同和や在日のシンパなのだが、以前インドに行きたいとか言っていた。「インドには被差別部落の人たちみたいな人がたくさんいて~」とそいつは語っていたが、そいつは俺に対して、やれ「早く社会に戻りたければ」とか「早く『社会』に戻れるといいね」とか文章を送ってくる。
こういう奴は同和と在日みたいな差別主義者のクズどもにシンパシーを感じているので、本当の自由や平等というものがわかっていない。だからわざわざ、俺のような落伍者に対し「おまえは社会の一員ではない」ということを言ってくる。要するに、いくらインドに行きたいとか抜かしていても、インド社会のことを真剣に考えたことがないのである。
こいつのように「仕事をしていない人間は社会の一員ではない」という考え方であれば、それは「一定の条件をみなしていない者は、社会の一員ではない」という考え方と同義なので、それはつまり「=インドで糞の汲み取りをやっている人間は、人間ではない」と同じ考え方である。そう、こういうエセ平等主義者こそが、実際には真の差別主義者なのである。こういう奴がエスタブとして偉そうにしているから、日本は差別主義国家であり人権後進国家なのである。まあ死ぬまで治らないだろうが。
俺たちのような落伍者も含めての「社会」である。別に積極的に世間との関わりを断つ人間などいない。引きこもりにしても、落ちこぼれにしても、いろ~んな理由があってやっているのだ。好きでこんな生活になったわけではない。それは、インドでアウトカーストの人間たちが好きでそんな生活をしているわけではないのと同じである。何が「社会」か。だから俺は、働いていれば社会の一員だ、働いていない奴はそうではない、という考え方が死ぬほど嫌いだ。まあ日本人はろくに自問自答もしないバカが多いし、右に習えの国民性だから、俺がこんなことを言っても一笑に付されるだろうがね。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)