10月 222020
 

俺は10年以上前に、当時流行っていたネトラジをやっていたことがある。以前も書いた通り、当時は某掲示板とmixiと連動して放送していて、結構聴いている人はいた。けれどキチガイに粘着されるようになり、嫌気が差してやめてしまった。
ここしばらくというもの、他人の動画配信を見る機会が増えた。ふわっちとかツイキャスとかYouTubeとか。それで何となく俺もやってみようと思い、アマゾンで安いWebカメラを買った。
とりあえずふわっちで2回ほど顔出しテスト放送してみたけど、やっぱ喋れんな。ネトラジの頃は掲示板のスレッドにレスがどんどん付いていって、それを読み上げる形式でやっていたが、動画配信だと自分で延々と喋り続けなくてはならない。俺のようにシャイでおとなしい奴は、ずーっと喋っているのは難しいので、気がつくと黙ってしまう。
また、カメラに撮られた自分の顔が画面に映るのだが、きったねえな俺。パジャマにしてるヨレヨレのTシャツとか、タバコのヤニで汚れた前歯とか、ヤニで真っ黄色になった部屋の壁とか、ぶっちゃけ吐き気がするレベルで汚いと思う。あ~これじゃあ誰も見たがらないよ。
とりあえず2回ほど数分間配信してみたが、よっさんや関慎吾のようなgmkzが何百人も集めてはいるけど、俺にはとてもあんな真似はできない。kzさ加減なら引けを取らないような気もするが、あそこまで行くと真正のgtkzだし、さすがにそこまで自分の誇りを捨てられない。「恥も外聞も捨てる」覚悟がないと、配信で人気者になるというのは無理なのではないだろうか。
ネトラジをやっていたのはまだ30そこそこの時期だったし、今はもうアラフィフ目前だから、当時のようなはっちゃけた感性もないし、さすがに恥を感じる気持ちが強くなったので、ネトラジ時代のような放送は無理だな。大体顔出しだからな。もし昔の知人が見ていたら、「あ~こいつ何してるのかと思ってたらこんなことやってるよ~底辺だな~ww」と大笑いされそうだが、人気配信者はそういうのも気にしないような厚顔無恥な連中なんだろう。てか人生捨ててるしなあいつら。う~んやはりああいうgmkzには成り切れない・・・。
せっかくWebカメラを買ったので、また気が向いたら放送します。名前は・・・秘密な!

  2 Responses to “配信をやってみる”

  1. ほほう、配信ですか。
    ボクも挑戦してみたことあるですが、やはりトークが続かなかったですね。
    文章を書くのと喋るのってかなり差があるものだと思いましたよ。
    でも、孤毒男さんなら以前やってた感覚さえもどればイケそうな気がしますよ。
    顔出しはちょっとリスクがあるからラジオ配信とか・・・
    期待してましゅ(笑)

    • そういえばエリトさんも昔配信やったんでしたね。
      喋れませんよね、文章と違って。
      私の場合は汚部屋がもう見る人の気を失せさせるというか・・・。
      カメラの前でバカやって視聴者を集めるっていうのも、もう出来ませんね。
      まあせっかくWebカメラを買ったので、またぼちぼちやっていきたいと思います。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)