10月 302020
 

PCのパーツをアップグレードしたおかげで、PCゲームが非常にサクサク動く。そうだよな、なんせ10年近く前と変わらないくらいのスペックでずっとやってたんだし。欲を言えばグラボをRTX2070くらいにしたかったけど、まあCPUが古いのでこんなもんでいいだろう。とりあえず今やってるゲームはみなサクサクなので、満足している。
体重はすっかり2桁に落ち着き、この調子なら来年の始めには栄町のヘルスへ行けそうだ。俺の体重の推移というのは10kg痩せて15kg太ったり、20kg痩せて20kg太ったりと増減が激しいので我ながら健康に悪いと思うので、今回は絶対にリバウンドしないようにしたい。ちゃんと食べて痩せてるから今回は戻らないと思うが。
しかし前々からテレビのニュースやワイドショーを見ていて思っていたが、何の脈絡もなく海外のつまらないニュースを差し挟むアレ。一体何の意図があってやってるのか最初はわからなかったが、要するに「監視社会」を正当化するためだよな。誰かがスマホで撮った映像を流したり、防犯カメラの映像を流したりするけど、つまりそういう「どこからか撮られている」のが当たり前だという印象を視聴者に植え付けようとしてるんだろ。本来そういう監視社会に対して最も声を上げなくてはならないマスコミが、率先して監視社会化の先棒を担ごうとしてる。
ああいう誰かがスマホで撮影したり、防犯いや監視カメラで撮られていたり、そういうのが普通なのだ、皆もどんどん撮れという印象を市民に与えるために、毎日々々ニュースやワイドショーでくだらない海外ニュースを差し挟んでいる。実にバカだね、マスコミは。そんなに一般市民がバカだと思ってるのかね。
そういうくだらないことばかりやっているからこそ、東京オリンピックは風前の灯火である。海外のコロナ感染拡大を見ると、もう開催は十中八九無理だろう。ツイッターでは何人かが、中止になることはもう決定みたいなツイートをしていた。
そもそもオリンピックなんて極めて政治的志向の強いイベントだし、開催地を見てみれば、その後の世界がどう展開していくかをなんとなく予想することができる。サマランチが会長の時はバルセロナでやったし、こないだブラジルのリオでやったのは、映画「未来世紀ブラジル」や「蜘蛛女のキス」を思い出せば、今後の世界がああいうファシズム・監視社会化するからだというメッセージだとわかる。
俺の親戚にもいるが、マスコミの連中なんてのは、概ね「愚かな大衆は何もわからない。嘘をついても我々の言うことが真実とみなされる。真実というのは我々だけが知っていればよく、愚かな大衆には知らせる必要はないのだ」とか思っているので、俺はもうテレビはアニメくらいしか見ない。いわゆるオルトメディアの方が、よっぽど真実を語っている。どっちがバカなんだろうね。
まあとにかく東京オリンピックが中止になるのは実に良いことだ。日本にはきついお灸が必要である。偉い奴らはこれを機によーく考えろ。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)