3月 312021
 

「星を継ぐもの」という有名なSF小説があって、3部作なのだが、俺は数年前に1冊目だけ読んで、普通に面白いなと思った。その後時間が経ち、ふと思い立って2冊目と3冊目も買って、1冊目から読み直して、さっき3部作を全部読んだ。
この作品が書かれたのは1980年前後で、冷戦真っ只中の時代。いわゆる近未来SFとかではなくて、なんちゅーか「文明論SF」みたいな感じだったけど、要するに「一握りの一族が人類の富を握って世界を操っているが、そいつらは実は宇宙人だった」というお話だった。
実際に世界を一握りの一族が操っているというのは遠からず事実だろうし、その辺は俺も高校時代に「赤い盾」という本を読んで「あーそうなのかー」と思った。その辺の詳細は俺にはわからないし勉強不足だけど、「星を継ぐもの」は、世界の富を握っている一握りの王侯貴族というのが、自分たちの既得権益を守るために科学技術の発展を妨げていて、一般大衆を愚かなままにしておき、文明の発展をもコントロールしている、というお話だった。この小説は、その王侯貴族が実は宇宙人で、人類を仇敵とみなしており、そのために恣意的に発展をコントロールしている、という筋書きだった。
俺はこれに近いことを昔から考えていて、別に宇宙人とは思わないけど、ぶっちゃけユダヤ人はそういう存在ではないかと思っている。エヴァンゲリオンを引き合いに出すまでもないけど、俺は現在の文明は人類にとって一度目の文明ではなく、何度目かの文明だと思っている。俺のようにインドのことを学んだ人間ならそう思う者は少なからずいるはずだ。そして現在の文明の一つ前の文明の生き残りがユダヤ人で、彼らは前文明の知識やノウハウを持っているがゆえに、今でも世界をコントロールできるのではないか、と思っている。
例えば金融の知識や原子力の知識など、彼らが妙に活躍している場は少なくない。そういうのを「ユダヤ人は優秀だから~」という論で片付ける場合が多いが、俺は全くそうは思わない。彼らが特段優れた民族だなんてこれっぽっちも思わない。それは、日本で「特定の人間たち」が学問の世界を牛耳っているのを見ればわかるだろう。彼らは別に優秀でもなんでもないのに、同胞だけを重用して選んでいて、自分たちの仲間しかグループに入れないので、そう見えるだけである。ユダヤ人もそれと同じことをやっているのは想像に難くない。
なぜユダヤ人が現在これだけ世界をコントロールできるのかといったら、前文明のノウハウをたくさん持っていて、それを徐々に小出しにしているからではないか、と昔から思ってきた。それと同じことをして彼らに対抗したのが大戦中のドイツではないか、とも思ってきた。事実ナチス・ドイツが古代の文明に極めて強い興味を持っていたことは知られているし。そうでなかったらあんなにユダヤ人ばかりノーベル賞を獲れるもんかね。その辺は俺の古代史の文章を注意深く読めば伝わってくると思う。
「星を継ぐもの」は、それがユダヤ人ではなく宇宙人だった、というお話だけど、多分作者のJ・P・ホーガンも俺と同じことを考えていたと思う。なぜならその宇宙人の名前が「ジェブレン人」で、JEWに由来する名称だからだ。この辺は「スター・ウォーズ」とか「機動戦士ガンダム」の作者も通じることを考えていたのがわかる。世の中そんなにバカばかりではない。
まあ単純にSF小説として面白いのでオススメです。SFの名作中の名作の一つと言われている作品だし、もっと若い頃に読めばよかったな、と思ったよ。

3月 272021
 

今でもわからないことがあるのだが、もう20年近く前、2002年のことだ。
俺は当時、大学を卒業して実家に帰ってきて、ネットゲームにハマっていた。その中でも「リネージュ」というやつを一時期熱心にやっていたのだが、ある日いつものようにそのゲームをやっていて、一人でフィールドをウロウロしていると、別のキャラクターが近づいてきた。確か名前は「Vessel」だったと思う。
そのキャラクターのことは全く知らなかったのだが、なぜかそいつが俺の近くで、会話ウインドウに英語の文章を書いた。長文だったので俺は「?」と思い、読もうとしたが、知らない単語が入っていて読めない。それで一応内容を書き留めておいた。
その後その出来事のことは忘れてしまい、書き留めた紙もどこかへ行ってしまった。
けれど2005年になって、なんとなく気になって、文章中の単語をいくつか思い出し、それらの単語をGoogleで検索してみた。すると、それはエドガー・アラン・ポーの「イスラフェル」という詩の一節だとわかった。古い英語で書かれているために知らない単語があり、そのままでは読めないので、俺は気になって、アマゾンで「ポー詩集」を購入してみた。しかしそれを読んでも、何のことだか意味がわからなかった。
参考までに、その詩を下に掲載しておこう。
 

In Heaven a spirit doth dwell
“Whose heart-strings are a lute”;
None sing so wildly well
As the angel Israfel,
And the giddy stars (so legends tell),
Ceasing their hymns, attend the spell
Of his voice, all mute.

Tottering above
In her highest noon,
The enamoured moon
Blushes with love,
While, to listen, the red levin
(With the rapid Pleiads, even,
Which were seven,)
Pauses in Heaven.

And they say (the starry choir
And the other listening things)
That Israfeli’s fire
Is owing to that lyre
By which he sits and sings—
The trembling living wire
Of those unusual strings.

But the skies that angel trod,
Where deep thoughts are a duty,
Where Love’s a grown-up God,
Where the Houri glances are
Imbued with all the beauty
Which we worship in a star.

Therefore, thou art not wrong,
Israfeli, who despisest
An unimpassioned song;
To thee the laurels belong,
Best bard, because the wisest!
Merrily live, and long!

The ecstasies above
With thy burning measures suit—
Thy grief, thy joy, thy hate, thy love,
With the fervour of thy lute—
Well may the stars be mute!

Yes, Heaven is thine; but this
Is a world of sweets and sours;
Our flowers are merely—flowers,
And the shadow of thy perfect bliss
Is the sunshine of ours.

If I could dwell
Where Israfel
Hath dwelt, and he where I,
He might not sing so wildly well
A mortal melody,
While a bolder note than this might swell
From my lyre within the sky.
 

この詩の冒頭の一節が、リネージュの会話ウインドウに書き込まれたのだ。一体何が言いたかったのだろう?
ちなみにイスラフェルというのは、正確にはイスラーフィールといい、Wikipediaには「イスラム教において、最後の審判の裁きを知らせるラッパを吹くといわれ、音楽をつかさどる天使」とある。当時調べてみたら、ユダヤ教のメタトロン、つまりミトラに対応するとのことだった。

・イスラーフィール(Wikipedia)・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/イスラーフィール

あれは一体何だったのか。未だにわからないし、わかる気配もない。イスラーフィールに何かあると言いたかったのか、それともエドガー・アラン・ポーに何かあるということなのか。何が言いたかったんだろう?

3月 182021
 

俺はメールアドレスをいくつか作って使い分けているのだが、その中でもメインに使っている某メールサービスがある。
このアドレスを作ったのは南米にいた時で、当時ノートPCに向かいながら「どんなアドレスにしようかな~」と悩んだことを思い出す。それで「よし、”青い太陽”にしよう!」と思い、ブルー・ソルと打とうとして、スペルミスをしてしまい、bruesolとしてしまった。
その後このアドレスは放置していたのだが、昨年からメインで使うようになり、まあ別にいいんだけど、bluesol@~でなくbruesol@~なのをずっと嫌だと思っていた。だってスペルミスだよ?青をbrueって・・・。そんな単語ないだろって。
けれど昨日、Google翻訳でこのメールアドレスを翻訳してみたら、なんとヘブライ語で意味のある単語であることが判明した。ヘブライ語では、「brue=橋」「sol=太陽」なのだ。つまりbrue solで「bridge sun」という意味だったのだ。
これを見て、俺は死んだ婆ちゃんのことを思い出した。婆ちゃんは俺が南米に行っている時に死んだのだが、俺が大学に合格した時、夢を見たと言っていた。俺は高校時代からいろいろ不幸な目に遭っていたが、婆ちゃんは俺が一浪して大学に合格した時に夢を見て、それは「俺が、橋の下の暗いところから、上の方にある明るい光の方へ歩いていく」という夢だったらしい。
当時カーチャンが、「お婆ちゃんは昔から霊感があるから、こんな夢を見たってことは、〇〇の人生もきっとこれから良くなるよ!」と嬉しそうに言っていたことを思い出す。
そう、「橋」と「太陽」とは、婆ちゃんが見た夢そのままのモチーフだったのである。
俺が南米に行っている時に死んだ婆ちゃん、その当時に作ったこのアドレス、それがヘブライ語・・・つまりイエスの言葉で、婆ちゃんが見た夢に出てきたものを含んでいたのだ。
スペルミスの結果生まれたアドレスだが、きっとこのアドレスは、婆ちゃんが俺に作らせたんだと思うことにした。ありがとう婆ちゃん、俺はあれからいろいろあったけど、今でも元気だよ。俺はこれからだ。
そんなわけで、このアドレスを使い続けることにした。ブルエソルって何?と問われたら、こう答えよう。「これはイエスの言葉で婆ちゃんの夢を表したものだよ」。

3月 062021
 

昨日からWindows10のPC用の音楽プレイヤーと動画プレーヤーをいろいろ選んでいたが、ようやく決まった。
結論を言うと、音楽・・・Media Player Classic-Black Edition(MPC-BE)、動画・・・Media Player Classic-Home Cinema(MPC-HC)を使うことにした。

まず音楽は、プレイリスト一覧から曲を選んだりせずに、Windows10の「ミュージック」フォルダを開いて、聴きたいアルバムのフォルダを「右クリック→送る」して、「送る」メニューの中の音楽プレイヤーのショートカットに送って聴きたい。

(※任意のショートカットを右クリックの「送る」に追加するには、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」に「shell:sendto」と入力してEnterを押すと「送る」の本体であるフォルダが開くので、そこに好きなプログラムのショートカットを入れておけばよい)

いろんな音楽プレイヤーを試したが、このやり方に対応しているのはMPC-BEとMPC-HCだけだった。この2つのソフトは、音楽ファイルの入ったフォルダを「右クリック→送る」するだけでプレイリストが作成されるので、一番手軽だ。

で、この2つのソフトを比べると、BEは上部メニューの「操作→ジャンプ」でプレイリストが出てこず、「表示→プレイリスト」で表示させねばならない。けれどどちらも同じようなものなので、片方が使えればまあいいだろう。
対してHCは、前者でも後者でもプレイリストが表示されるが、音楽ファイルのファイル名の先頭に「1-」「2-」などとついていた場合、1曲目の次が2-にならずに10-になってしまう、という欠点がある。
わかりやすく書くと、曲名の頭が「1-、2-、3-、・・・・9-、10-、11-、12-」の場合、プレイリストが「1-、10-、11-、12-、2-、3-、・・・」になってしまうのだ。もし曲順通りに再生させたいなら、ファイル名の先頭は「01-」「02-」と頭に0をつけておく必要がある。「01-、02-、03-、・・・10-、11-、12-」のようなファイル名であれば、プレイリストは01-から12-まで順番に再生される、ということだ。
このためHCでは事実上全てのアルバムを曲順通りに再生させることは出来ない。けれどBEはこの点が改善されていて、ファイル名の頭が「1-、2-、3-、・・・10-、11-、12-」になっていても、ちゃんと1から12まで順番に再生される。もちろん「01-、02-」のように0がついていても問題ない。
よって、音楽プレイヤーに関しては、MPC-BEを使うことにした。

次に動画だが、今までは何も考えずにず~っとGOM Playerを使い続けてきた。
俺とGOM Playerの付き合いは長く、かれこれ10数年になる。思い返せば南米で暮らしていた時、YouTubeの動画を保存して、それを再生するのに使い始めた。当時は普通のフリーソフトで大変使いやすかったが、いつの間にかインストール時にマルウェアもどきを入れようとしてきたり、起動して終了するとブラウザ広告が開いたりするようになってしまった。
この「終了時にブラウザ広告が開く」という問題は、以下のやり方で一応回避してきた。だが、非常にウザい。

・GOM Player 終了時のブラウザ広告を止める(対策されました→再対応)・・・https://god-support.blogspot.com/2019/04/gom-player.html
・GOM Player 終了時のブラウザ広告を止める・・・https://god-support.blogspot.com/2019/12/gom-player.html

なんというか恥も外聞もない広告まみれのソフトに成り下がったな~と思いながらも、何も考えずにGOM Playerをずっと使ってきたが、昨日新ノートPCにたまたまVLC Media Playerを入れてみると、追加コーデックも必要ないし広告もないし、ぶっちゃけすごく快適である。
それでメインのデスクトップPCの動画プレイヤーもVLCにしよう、と思ったが、他にもPOT Playerというものや前述のMPC-HCがある。せっかくなので、これらを比べてみた感想。

まずVLCは唯一の欠点として、シークプレビューの機能がない。これはAVを見ている時にお気に入りのシーンをサクッと見つけたり、動画のお気に入りシーンを見つけるのに非常に便利な機能なので、ないと困る。よって残念ながら却下。
POT Playerは非常に細かく設定もできるし、シークプレビューもできるし、非常に良さげなソフトなのだが、使っていると時々画面の右下に広告が出る。これが非常にウザい。GOM Playerと同じく韓国産のソフトだからか、悪いところは一緒だ。残念ながら広告が出るソフトは使いたくないので、これも却下。
そしてMPC-HCだが、これはシークプレビューもでき、その際チャプターの名前と時間が表示され非常に便利。また広告もないし、動作も非常に軽い。もちろんコーデックも必要ない。

というわけで消去法で、MPC-HCを選ぶことにした。ただ唯一の欠点は、字幕を恒久的に非表示にできないこと。字幕のある動画ファイルの字幕を消したい場合、いちいち「再生→字幕トラック→No subtitles」を選択して消す必要があり、それを恒久的に設定できないので、見るファイルごとにいちいち消す必要がある。
まあこれは些細な欠点で、そもそも字幕の入った動画ファイルなんてほとんど見ないから、あまり気にする必要もないだろう。そういうことで動画プレイヤーはMPC-HCを使うことに決定。

もしかしたらこれを読んだ人は、少し疑問に思ったかもしれない。「なぜ、音楽と動画で2つのプレイヤーを使い分ける必要があるの?一緒の使えばいいじゃん」。
・・・そう、この理由だが、俺は音楽を聴きながらAVを見てオ○ニーをする、という習慣があるからだ。なぜなら、両親と一緒に住んでいる子供おじさんなので、少しでも部屋の外に音が漏れないようにせねばならないのだ・・・。AVだけ見ていると、どうしても音が外に聞こえてしまうので、同時に音楽を流して喘ぎ声を相殺しなければならないのである。哀しいね・・・(涙)。

なんというか俺は結構情弱なところがあって、かのDiscordの存在もつい最近まで知らなかったくらいだ。今回は久々にフリーソフトをいろいろ比較してみたが、もしもっと良いソフトがあればぜひ教えて下さい。。一応、上記に挙げたソフトがダウンロードできるサイトのリンクを下に貼っておきます。
 

・Media Player Classic-Black Edition・・・https://ja.osdn.net/projects/sfnet_mpcbe/
・Media Player Classic-Home Cinema・・・https://github.com/clsid2/mpc-hc/releases
・VLC Media Player・・・https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html
・POT Player・・・https://potplayer.daum.net/
・GOM Player・・・https://www.gomlab.com/gomplayer-media-player/