6月 242021
 

俺の書いた古代史の文章を読んでもまーだわからない奴がいるかもしれないが、クル族、これはCRと書くべきだと述べたが、世界中の「カラ」とか「カル」とか「クラ」とか「クル」とか「ケラ」とか「ケル」とか「コラ」とか「コル」とか、そういう地名や単語、これらはみなクル族に由来する。例えば「カルタゴ」とか、「崑崙」とか、「高麗」とか、「加羅」とか、「唐」とか、「クアラ(ルンプール)」とか、「カラケス」とか、「カラカス」とか、その他いろいろ。
グルジアが元々クルジアだったのであれば、CがGに転訛するということなので、もしそうならGREECEも元はCREECEだった可能性があり、であればギリシャ文明もクル族と関連がある可能性がある。また東ゴート族の首長の名は「ケルスキー」で、これもクル族との関連が考えられ、更にゲルマンという語も元はケルマンだったとしたら、そのまま「ケル人」つまりクル族だ。つまりインド同様、クル族とアーリア人の存在が重なっているケースが見られる。
こういう論を未だに聞いたことがないが、音韻転訛法則を恣意的に操作している奴でもいるのかね?

そういえば昔買ったフライトシムのマニュアルに、第二次大戦のアメリカの撃墜王の言葉が載ってて、それが『勇気より高度が重要だ』というものだった。
俺はこれを知った時「ほぉー・・・」と思い、さすが撃墜王というのは言うことが違う、と思った。孫子の「兵法」などもいろいろ役立つ考え方が載ってて参考になるけど、この撃墜王の言葉はどんな名言よりも名言だと思う。『勇気より高度が重要だ』・・・なるほど。