9月 242021
 

世の中には2種類の人間がいて、俺は「数の少ない方」に属する。それは「自分を高めることによって喜びを見出す」人種だ。
俺が幸せを感じるのは、自分が高まった時のみである。例えばPCを自作して楽しんだり、部屋をリフォームして綺麗にしたり、運動を始めて健康になったり、そういう「自分を高める」行為にのみ、幸せを感じる。
そして、他人が幸せなら、素直に「羨ましい」と思い、「自分もそうなりたい」と思う。逆に不幸な他人がいたら、「可哀想」と思い、その人には「幸せになってほしい」と思う。
しかし・・・世の中には、こういう「俺がわかっている常識」がわからない者の方が多い。それは「他人が不幸なことに喜びを見出す」人種で、自分の要素の高低を問題にするのではなく、「他人がどうであるか」もっと言えば「他人と比べて自分がどうであるか」を重視する人種である。
こういう人種は、「他人の不幸は蜜の味」という基本理念を持っていて、他人の不幸が嬉しくて仕方がない。自分の楽しみを見出してそれを高めることをせずに、他人の粗探しをして些細な欠点を見つけて喜ぶとか、他人が不幸な目に遭うことを望んだりとか、とにかく「他人がどうであるか」しか考えていない。
当然、他人が幸せなら「ムカつく」と思い、そういう人の足を引っ張る。不幸な他人がいたら「ざまあみろ」と思い、一緒になって喜ぶ。
さあ皆さん、あなたは果たして、前者ですか?後者ですか?・・・日本人であれば、多くの場合後者でしょうね。そう、「出る杭は打たれる」「他人の足を引っ張る」という腐った文化が根付いた、島国日本。そんな日本の人間であれば、大抵の場合後者でしょう。
もしあなたが後者なのであれば、あなたは間違いなく「クズ」です。日本でしかやっていけない害虫です。あなたはウジ虫なので、地球にとって必要のない、臭く汚い汚物です。でもこれを読んでいるほとんどの人は、害虫でウジ虫で汚物なんだよなあ。
日本人ってさ、「絶対的価値観」と「相対的価値観」の違い、わからないでしょ?絶対的幸福と相対的幸福と書き換えてもいい。絶対的幸福というのは、「自身を高めることによって喜びを得る」価値観で、要するに「=他人に構っている暇はない」だから、(俺も含めた)天才に多いタイプ。逆に相対的幸福というのは、「他者と比べて優位に立って喜びを得る」価値観で、つまり「=他人との比較が全て」だから、ほとんど全ての凡人と愚民はこれに当たる。そして日本人というのは、狭い島国で横並びに生きてきたから、基本は「相対的幸福感」が支配している。
まあ最近の日本は個人主義になって、必ずしもそうだとは言えなくなったかもしれないけど、今でも「他人に関わることを前提とする職業」に就いている連中は、相対的幸福に基づいて生きていると思うよ。警察官とか精神科医とか広告代理店の社員とか、エトセトラetc… こういう連中は「他人が不幸であることが、自分の喜び」みたいなものなので、自身を高めることは二の次で、「他人をどうするか」しか考えていない。一番関わってはいけない人種である。
俺みたいに絶対的幸福を追求するタイプの人間は数は少ないけど、俺を見ればわかる通り、「どこに行っても楽しく暮らせる」という特技を持っている。そして自身を高めることに注力するので、学問に関しても他の追随を許さない。こういう人生を、昔の人は「武士は食わねど高楊枝」とも言ったし、「霞を食って生きる仙人」とも言った。
そういうわけだから、もしあなたが幸せになりたいなら、他人と比べるのをやめよう。能力でも要素でも何でもいいけど、自分を高めることに専念すると、傍からは底辺と見えても充分に楽しく暮らせるのだ。

9月 212021
 

こないだ水泳をやってみたけど、やっぱ体力がもう絶望的にないな。齢40代も後半、つまり“初老”にもなると、25mプールで数往復するだけでヘトヘトになる。結局1時間かかって250m泳いで、帰ってきた。とりあえず今後もできるだけ続けてみるつもりだ。いつまで続くかな。
腕立てと腹筋とスクワットをこの2ヶ月欠かさずにやっているので、腰はすっかり良くなった。全然腰痛も腰の重さも感じない。この調子で体重さえ減れば、肉体的には数年以来という健康体になれると思う。
健康といえば、今日はコロナのワクチンの一回目の接種をしてきた。場所は近所のクリニック。数年前に禁煙外来に行ったことのある病院だ。俺の住んでいる某B級都市は、ワクチン接種に関しては非常に優秀な体制を整えているらしく、電話であっさり予約できて、二回目も三週間後だ。「筋肉注射は痛い」と聞いていたからちょっと緊張したけど、全然痛くなかった。
そんで帰り道にラーメンを食って、まあすごく美味かったんだけど、その後家に向かってチャリに乗ってたら、どこからともなく“あの”臭いが漂ってきた。・・・そう、タバコの臭いである。思わず「どこから臭ってくるのか?」とそっちを見たら、案の定パチンコ屋があった。
くっせーのなタバコの臭いって。俺はタバコをやめてから匂いに敏感になったので、タバコの臭いとかすごく気になる。パチンコ屋の前を通っただけであんなくっせー臭いがするんだから、今までの俺の部屋は一体どれだけの悪臭を振りまいていたことだろう。俺自身もヤニくっせーおっさんだったんだな。女に嫌われるのも当然だとしみじみ思う。今日は外出してタバコの臭いを久々に嗅ぎ、改めてタバコとの決別を誓った一日だった。
ちなみに食ってきたラーメン屋はここ。美味かったよ!

9月 162021
 

昔から不可解なことがあって、何故か俺のことを「仏教の関係者が偵察に来る」というのがあった。
例えば、高校時代にいた部活では、「大徳」という苗字の坊主頭の奴が、一学年下に入ってきた。大徳は「だいとこ」という仏教用語で、位の高い僧を表す言葉だ。そんな苗字の奴だし坊主頭だから、100%仏教の関係者なのは間違いないのだが、本人は「寺とは関係ない」と言っていた。それがまた嘘くさい。
また大学でインド哲学科にいた時には、研究室の修士課程に、熊本の寺の住職という年配の男性が入ってきた。その人は30代であの龍谷大学(仏教界の東大と言われている)で教授を務めたことがあるという人物で、はっきり言って今更旧帝大の修士課程に入ってくる理由はない。むしろ我々を教えるくらいの人物である。そんな人物が何故か、俺の大学生活最終年に研究室の修士課程に入ってきた、というのが謎であった。
こういう仏教関係者が俺のことを偵察に来るというのは何故だろう。はからずしも俺は後にキリスト教徒になり、「日本という国の諸悪の根源は仏教国だから」とまで思うようになった。その後もちょくちょく仏教かぶれの奴には出会ったが、俺は「世界の諸悪の根源はユダヤ人」という考えを変える気はない。ユダヤ人と仏教徒・・・日本で言えば秦氏か。秦氏と言ったら祆教だからキリスト教徒でもユダヤ教徒でもあり、浄土真宗だから仏教徒でもある。
パラグアイに行ってわかったけど、日本のキリスト教の関係者には統一教会の影響を受けている人間が入り込んでいるので注意が必要だ。統一教会は日本中の大学に原理主義研究会を作ってるし、権力にも入り込んでるし、相当にヤバい。俺がパラグアイでスパイ合戦のようなものに巻き込まれたのも、統一教会に関わりかけたからだったし。統一教会は新興宗教という体を取らずにシームレスにキリスト教世界に入り込んでいるようなので、注意されたし。

9月 152021
 

今の新自作PCを組み立ててから今日でちょうど2ヶ月。
思えば、「この新PCをヤニでガビガビにしたくない!」と思ったのが切っ掛けで禁煙を始め、その結果禁煙に成功し、部屋もリフォームしたわけだが。
先週は近所のスイミングスクールに申し込みに行ったので、明後日試しに泳いでみる。水泳をするのは10年ぶりなので、どこまで体力が落ちているか。禁煙をしたらやはり微妙に体重が増えてしまったので、その分は減らしたい。95kgまで痩せたらお祝いにヘルスかソープ行こうというのは、もうず~っと前から言ってることだけど、なかなか実現しないな。今はコロナだからねえ・・・。「風俗に行ってコロナ感染しました」となるのは、流石に恥ずかしすぎるしな。
そんな俺は、今まで頑なにワクチンを打たなかったけど、来週1回目を打ってくることにした。世の中の動きを見てると、ワクチンパスポートなんてものが導入されそうな流れだし、そろそろ観念して打ってくる段階になったようだ。
にしても・・・。以前もここで述べたが、テレ朝の早朝のニュース、あれは何なんだろうね。最近は「知っておきたい!」とかいうコーナーをやって、そこで監視カメラの動画と車載カメラの動画を延々垂れ流してるけど・・・。そん~なに「世の中はこれだけ監視社会化しているのだ。おまえらは監視カメラの存在を意識しながら生きろ」と強調したいのかね、テレ朝は。そう言えば最近は、玉川徹も青木理も「監視社会が~」とか言わなくなったので、デジタル庁なんてものが発足するのと同時に、体制も開き直ったか。ナムナム・・・。
とりあえず年末までに95kgまで痩せたい。そしたらお祝いに池袋の箱ヘル行くわ。

9月 052021
 

タバコをやめて1ヶ月半経ち、部屋をリフォームしてから1週間経った。綺麗な部屋で快適に過ごしていると、自分がタバコ漬けだったかつての日々を思い出す。「なぜ自分は、大金を払って健康に悪い行為をして、部屋をヤニで汚して、臭い匂いを撒き散らしていたのか」と・・・。
なんというか、最初は「タバコを吸うとリラックスできる」だったはずなのに、いつの間にか「タバコがないとリラックスできない」に変わっちゃってたよな。何を置いてもまずタバコ、みたいな。手段と目的が逆転してる、みたいな感じだった。
吸えば吸うほど体調は悪くなるし、部屋は臭くなるし、壁や物や歯は真っ茶色になっていくし・・・。まさに百害あって一利なし、それがタバコ。おまけに金がかかって仕方がない。一日に2~5箱は吸ってたから、年間数十万円もつぎ込んでいたという・・・。一体あの日々は何だったのか。
リフォームの時にクリーニング屋さんが来て、部屋のクーラーを見て、「今までいろんなヤニで汚れたものを見てきましたけど、ここまで茶色いのは初めてですね」って言われた。如何に俺が最低最悪のヤニカスだったかわかるというものだ。「ヤニキチ三平」なんて漫画があったら主人公になれそうなのが俺だった。
最近は部屋が綺麗でピカピカなので、毎朝起きるとニヤニヤしてしまう。「あ、俺の部屋はやっぱり綺麗だな」って。部屋で過ごしているだけでなんとなく楽しい。これなら内職が捗りそうだ。一日も早く内職を見つけることにしよう。