12月 282021
 

俺の最も好きな作家の一人である筒井康隆が、歳をとった感想を聞かれて、「老人になるのは初めてなので、何もかも新鮮」と答えたらしい。さすがは筒井老、普通の人とは考え方が違う。
確かに、子供の頃にしか経験できないこともあるし、大人にならないと経験できないこともあるし、老人にならないとわからないこともある。そういう意味では、「死こそ最大の楽しみ」である。一体死とはどういうものなのか。死ぬとは、どのような体験であるのか。実を言うと、俺は死ぬのが(ある意味)楽しみである。もちろんそれに至る苦痛は経験したくないが、死ぬというのはどういうものなのか経験してみたいと思っている。そういう意味では、俺は死を全く怖れていない。

「人間」と「死」をテーマにした作品といえば、手塚治虫の「火の鳥」がある。俺はこの作品をしばしば読み直すが、医師でもあった手塚治虫の死生観を反映しているというか、つまるところ「永遠の命なんてものは無い」というのが結論である。「永遠の命を求めることは虚しい」というのも結論である。
大体神であるはずの火の鳥自身でさえ不死身ではなく、「黎明編」であっさり人間に殺されてしまう。そして火の鳥の血を舐めて不老不死になる人間は確かに出てくるけど、皆不幸である。不老不死になりその結果幸せになる人間というのは、作品中一度も出てこないはずだ。
俺が「火の鳥」を読んで印象に残っているのは、終章の「太陽編」である。これは狼の仮面を被った男の物語だが、狼というのはイスラエル十二支族のベニヤミン族のことであって、太陽編というのはつまり太陽信仰のことである。作品を通じて永遠に輪廻転生を繰り返すサルタヒコがいて、彼は結局最後まで輪廻の輪から抜けられない。けれど狼の仮面を被った男は「もうこんな連中に付き合うのはやめよう」と輪廻の輪から抜け、愛する女性とともに別の世界へ旅立ってゆく。
手塚治虫は古代史にも造詣の深い人物だったろうから、太陽信仰が持つ意味と、サルタヒコが象徴する存在が何であるか、よく判っていたはずだ。そう、日本の「何某」かを象徴するサルタヒコは、輪廻の輪から抜けられない。だから狼は彼らに愛想を尽かし、「太陽」に向かって飛んで行く。それが不老不死と永遠の命をテーマにした作品の結末である。

「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学べ」と言ったのはガンジーだったかと思うが、要するに「精一杯生きろ」ということだ。俺は?生きてるよ精一杯。ザ・フーのキース・ムーンが死んだ時、「生き急いでいるようだった」と言われたそうだが、俺も昔は生き急いでた。だから急ぐのはやめた。けど精一杯生きている。

12月 252021
 

昨夜はアライアンス教会のキャンドルサービス礼拝に行ってきた。
まあ2021年もろくな年でなかったのはいつもと同じだけど、それでも今年は完全禁煙を実現させ部屋を綺麗にリフォームし、腕立て腹筋スクワットをやるようになり腰痛が解消し、新PCを自作して株をちょろっと始めて幾分かの含み益を出すなど、それなりに実りのある一年でもあったと思う。少なくとも「な~んにもなかった」というわけではないので、遅々とした歩みではあっても、もしかしたら数年後に今年を振り返ったら「あの年が転機だった」と言える可能性はあると思う。
そんなわけで、まあ禁煙の副作用で体重が少し増えたことは誤算だったけど、それ以外では意外と「良い年」だったと言える2021年も終わろうとしている。
キャンドルサービス礼拝は、まあどこの教会でも同じだろうけど、暗い礼拝室で皆で賛美歌を歌い、キャンドルに火を灯して、牧師の説教を聞く。いろいろ思うところはあるアライアンス教会だけど、ここに通うようになってから運気がちょっとだけ上向いたようなので、来年も引き続き通うことにする。
しかし昨夜の礼拝中、来ていたガキンチョの一人がバタバタやってて気になったというか、五月蝿くてイライラしたんだけど、ああいうのって親はビシッと言わないのかな。教会ってのはどこに行ってもこういう「五月蝿いガキ」が決まって一人はいるんだけど、ああいうのって俺がガキの頃は親に「うるさい!」って厳しく躾けられてたけどなあ。今の親はガキがバタバタやってても注意もしないのか?借りてきた猫みたいにとは言わないけど、せめて礼拝中くらいは静かにさせろよ。

今年のまとめ。一番の収穫は「禁煙できたこと」。あとは「新PCの自作」と「腰痛の解消」だ。良いこともあれば悪いこともある、それが人生。

12月 162021
 

ここ最近ずっとやってたボーダーランズ2を、DLCも含めてクリアした。いやー面白かった。サイドクエストは半分もやってないけど、それでも60時間以上楽しめた。文句なしに今年やったゲームで一番の面白さだった。明日からやるゲームはすでに買ってあるXCOM2で、これで年越しをしようと思う。

昨日から考えてたけど、なんちゅーか「他人の足を引っ張る」のが好きな奴っておるやん?自分のことはそっちのけで、他人の邪魔ばかりしてる奴。俺はこういう奴に迷惑させられることが多いんだけど、こういう奴らの「存在意義」について、あれこれ考えていた。
で気づいたのは、結局世の中には二種類の人間がいるということ。それは「世の中を進歩させようとする者」と「世の中の進歩を阻害する者」だ。このうち後者は、「=他人の足を引っ張る奴」と同義だと思う。
世の中を進歩させようとする者とは、要するに革命家であったり、新しいテクノロジーを生み出す者だったり、新しい理論を考える者だったりする。俺はもちろんこちら側に属し、自分で学生時代からずっと勉強していた理由は、世の中を変えたいという願望があったからである。
けれどそういう変革を望まない人間が少なからずいて、それが進歩を阻害する者である。そういう奴らは既得権益だったり、要するにエスタブや王侯貴族みたいな連中がそうである。そしてそれ(=体制)を守るための手先として、警察や官憲があるわけだ。もちろん宗教権威も同じである。こういう奴らは、他人特に変革者の足を引っ張って、世の中を変革させまいとする。これが「足を引っ張る」ことの原義である。
だから要するに、警察とか精神科医とか聖職者とか他にもマスコミなんてのは、ゴリゴリの既得権益でありエスタブなので、他人の足を引っ張るのは当然なのだ。なぜならそれが彼らの仕事であり存在意義だからである。彼らは他人の足を引っ張ることで飯を食い、世の中を変革させまいと、変革を望む者を陥れて縄にかける。彼らは権力や体制の手先なので、世の中が変革してしまっては困るから、ひたすら他人の足を引っ張り、他人の邪魔をする。
日本が「他人の足を引っ張る」文化だというのは古くから言われることだが、これは結局、日本が天皇制だからだろう。この何の根拠もないのに偉い立場に座っている連中を崇める体制を変えさせないために、他人の足を引っ張る=世の中を変革させまいとする文化が闊歩している。

俺のように変革を望む者は阻害されて落とされる。So it goes. そういうものだ。けれど肝心の「彼ら」は、果たしてその立場を望んでいるのかな?籠の中の鳥は、外を自由に飛び回りたいと思っているのではないかな?

12月 102021
 

今まで「使わず嫌い」だったfoobar2000を導入してみたら、予想外に使い易くてギャップレス再生もできるし、もっと早く使っておけばよかったと思った今日この頃。そんで動画プレイヤーをMPC-BEにしてみたら、字幕の切り替えも楽で超使い易い。
まあPCの環境を弄るのは定期的にやらないと、ず~っと同じアプリケーションを使っていると飽きるし時代の変化について行けない。今年は年初からいろいろフリーソフトを入れ替えて、約20年ぶりに新しいソフトに変更したジャンルもあったけど、結局使うのはみな「海外製ソフト」。
日本発の定番ソフトウェアって何かある?俺は思いつかない。せいぜい言語のRubyくらいじゃないのか。PC(というかWindows)用のソフトでも、スマホ用のアプリでも、もはや日本発の定番ソフトなんて皆無である。
これというのも、2000年代にバカなマスコミが執拗に「インターネット叩き」をしていたせい。あの10年間は、日本中のマスコミが足並みを揃えてインターネットに偏見を植え付けて叩いていて、「ネットが好きな奴=社会の落伍者」みたいなレッテル貼りをしたり、2ちゃんねるやWinnyをダシにして「ネットは危険なもの」という印象操作をしていて、とにかくマスコミが執拗にネット叩きをしていた。ライブドア事件もその一環である。
その結果どうなったかというと、日本はIT後進国デジタル後進国と化し、IT分野で海外に通用するものは何一つない、何から何まで海外まかせ、という国になってしまった。
海外はインターネットを「歓迎すべき新しいテクノロジー」として受け入れて、偏見も持たずにどんどん新しいものを生み出してきたが、日本はインターネットに偏見を持つ奴が大勢いたので、時間が経ってみればIT産業そのもので海外のはるか後塵を拝する結果となった。そしてそれはもう二度と埋まらないレベルである。
日本は先進国中最もPC使用率が低い国らしく、大抵の連中はスマホはやるけど、PCに触らない人も多いらしい。そういうのがあって体制もヤバいと思ったのか、小学校でプログラミングを必修化してPCの使用率を上げようとしてるけど、今更そんなことをしてもねえ。テレビを見てると、最近妙~に「PC(ノートPC)を使っている場面」が頻繁に映るようになったけど、これもPCの使用率を上げるためのつまんない工作である。
だからさ、黎明期にあんだけPCやITやインターネットに偏見植え付けて発展を阻害したんだから、もう何をやっても無駄なの!スタートダッシュで周回遅れなのに、今更どうしようっていうんだよ。この辺は俺の親戚の元マスコミの幹部にも言ってやりたい。彼もインターネットに偏見を持っている人間だったが、あんたらのせいで日本はこうなっちゃったよ、どうすんの?と。
話が脱線したが、とりあえずfoobar2000は良いソフトだよ。コンパクトなプレーヤーとしても使えるから、ギャップレス再生ができるソフトを探している人にはオススメだ。

12月 052021
 

6年前に買って途中で積んでたボーダーランズ2を何とはなしにやり始めたところ・・・

超おもしれえ!!

マジで面白いぞボーダーランズ2。6年前にやった時は少しバグがあって、照準が表示されなかったりファストトラベルで目的地カーソルが消えてたりして、よく意味がわからずに途中で投げ出してしまったが、今やってみると超~面白い。やや死にゲーっぽいとこはあるけど、ちゃんと救済処置もあるしテンポもいいし、いやーこんな最高に面白いゲームが未クリアのまま積んであったのを思い出したのは大収穫だった。
昔のメールを見てみたら、当時SteamでGOTYエディションを875円で購入してた。こんだけのボリュームがあって面白くて素晴らしい日本語化がされてて875円とは、超お買得だったな。
あとこないだのオータムセールでXCOM2というゲームをやはり格安で購入したので、ボダランの次にやろうと思っている。他にもやらなきゃならないゲームはまだあるし、ああ幸せ。

俺はネットで音楽を集めていて、今でも初めて接する過去の名曲もいっぱいあるし、新しい音楽も聴いてる。いつになっても楽しみが尽きない、というのは幸せである。
なんちゅーか、「自分が楽しいのが一番」だよな、やっぱり。世の中には「家庭を築いて家族を作ってみんなで一緒にいるのが幸せ」という人もいるし、「友達と一緒に楽しく過ごすのが幸せ」という人もいるけど、俺みたいに「独りで好きなことに没頭して自分の要素を高めることに無上の喜びを感じる」というタイプの人間もいる。いつになっても楽しみが尽きないなら、俺はこういう生き方を選択したことを後悔はしない。
これに関してはこれまでも度々述べたので繰り返さないが、この歳になっても新しい音楽に触れ続けられるのは、芸術の神・ミューズを統べる太陽神アポロンの庇護があるからだろうね。