3月 062021
 

昨日からWindows10のPC用の音楽プレイヤーと動画プレーヤーをいろいろ選んでいたが、ようやく決まった。
結論を言うと、音楽・・・Media Player Classic-Black Edition(MPC-BE)、動画・・・Media Player Classic-Home Cinema(MPC-HC)を使うことにした。

まず音楽は、プレイリスト一覧から曲を選んだりせずに、Windows10の「ミュージック」フォルダを開いて、聴きたいアルバムのフォルダを「右クリック→送る」して、「送る」メニューの中の音楽プレイヤーのショートカットに送って聴きたい。

(※任意のショートカットを右クリックの「送る」に追加するには、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」に「shell:sendto」と入力してEnterを押すと「送る」の本体であるフォルダが開くので、そこに好きなプログラムのショートカットを入れておけばよい)

いろんな音楽プレイヤーを試したが、このやり方に対応しているのはMPC-BEとMPC-HCだけだった。この2つのソフトは、音楽ファイルの入ったフォルダを「右クリック→送る」するだけでプレイリストが作成されるので、一番手軽だ。

で、この2つのソフトを比べると、BEは上部メニューの「操作→ジャンプ」でプレイリストが出てこず、「表示→プレイリスト」で表示させねばならない。けれどどちらも同じようなものなので、片方が使えればまあいいだろう。
対してHCは、前者でも後者でもプレイリストが表示されるが、音楽ファイルのファイル名の先頭に「1-」「2-」などとついていた場合、1曲目の次が2-にならずに10-になってしまう、という欠点がある。
わかりやすく書くと、曲名の頭が「1-、2-、3-、・・・・9-、10-、11-、12-」の場合、プレイリストが「1-、10-、11-、12-、2-、3-、・・・」になってしまうのだ。もし曲順通りに再生させたいなら、ファイル名の先頭は「01-」「02-」と頭に0をつけておく必要がある。「01-、02-、03-、・・・10-、11-、12-」のようなファイル名であれば、プレイリストは01-から12-まで順番に再生される、ということだ。
このためHCでは事実上全てのアルバムを曲順通りに再生させることは出来ない。けれどBEはこの点が改善されていて、ファイル名の頭が「1-、2-、3-、・・・10-、11-、12-」になっていても、ちゃんと1から12まで順番に再生される。もちろん「01-、02-」のように0がついていても問題ない。
よって、音楽プレイヤーに関しては、MPC-BEを使うことにした。

次に動画だが、今までは何も考えずにず~っとGOM Playerを使い続けてきた。
俺とGOM Playerの付き合いは長く、かれこれ10数年になる。思い返せば南米で暮らしていた時、YouTubeの動画を保存して、それを再生するのに使い始めた。当時は普通のフリーソフトで大変使いやすかったが、いつの間にかインストール時にマルウェアもどきを入れようとしてきたり、起動して終了するとブラウザ広告が開いたりするようになってしまった。
この「終了時にブラウザ広告が開く」という問題は、以下のやり方で一応回避してきた。だが、非常にウザい。

・GOM Player 終了時のブラウザ広告を止める(対策されました→再対応)・・・https://god-support.blogspot.com/2019/04/gom-player.html
・GOM Player 終了時のブラウザ広告を止める・・・https://god-support.blogspot.com/2019/12/gom-player.html

なんというか恥も外聞もない広告まみれのソフトに成り下がったな~と思いながらも、何も考えずにGOM Playerをずっと使ってきたが、昨日新ノートPCにたまたまVLC Media Playerを入れてみると、追加コーデックも必要ないし広告もないし、ぶっちゃけすごく快適である。
それでメインのデスクトップPCの動画プレイヤーもVLCにしよう、と思ったが、他にもPOT Playerというものや前述のMPC-HCがある。せっかくなので、これらを比べてみた感想。

まずVLCは唯一の欠点として、シークプレビューの機能がない。これはAVを見ている時にお気に入りのシーンをサクッと見つけたり、動画のお気に入りシーンを見つけるのに非常に便利な機能なので、ないと困る。よって残念ながら却下。
POT Playerは非常に細かく設定もできるし、シークプレビューもできるし、非常に良さげなソフトなのだが、使っていると時々画面の右下に広告が出る。これが非常にウザい。GOM Playerと同じく韓国産のソフトだからか、悪いところは一緒だ。残念ながら広告が出るソフトは使いたくないので、これも却下。
そしてMPC-HCだが、これはシークプレビューもでき、その際チャプターの名前と時間が表示され非常に便利。また広告もないし、動作も非常に軽い。もちろんコーデックも必要ない。

というわけで消去法で、MPC-HCを選ぶことにした。ただ唯一の欠点は、字幕を恒久的に非表示にできないこと。字幕のある動画ファイルの字幕を消したい場合、いちいち「再生→字幕トラック→No subtitles」を選択して消す必要があり、それを恒久的に設定できないので、見るファイルごとにいちいち消す必要がある。
まあこれは些細な欠点で、そもそも字幕の入った動画ファイルなんてほとんど見ないから、あまり気にする必要もないだろう。そういうことで動画プレイヤーはMPC-HCを使うことに決定。

もしかしたらこれを読んだ人は、少し疑問に思ったかもしれない。「なぜ、音楽と動画で2つのプレイヤーを使い分ける必要があるの?一緒の使えばいいじゃん」。
・・・そう、この理由だが、俺は音楽を聴きながらAVを見てオ○ニーをする、という習慣があるからだ。なぜなら、両親と一緒に住んでいる子供おじさんなので、少しでも部屋の外に音が漏れないようにせねばならないのだ・・・。AVだけ見ていると、どうしても音が外に聞こえてしまうので、同時に音楽を流して喘ぎ声を相殺しなければならないのである。哀しいね・・・(涙)。

なんというか俺は結構情弱なところがあって、かのDiscordの存在もつい最近まで知らなかったくらいだ。今回は久々にフリーソフトをいろいろ比較してみたが、もしもっと良いソフトがあればぜひ教えて下さい。。一応、上記に挙げたソフトがダウンロードできるサイトのリンクを下に貼っておきます。
 

・Media Player Classic-Black Edition・・・https://ja.osdn.net/projects/sfnet_mpcbe/
・Media Player Classic-Home Cinema・・・https://github.com/clsid2/mpc-hc/releases
・VLC Media Player・・・https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html
・POT Player・・・https://potplayer.daum.net/
・GOM Player・・・https://www.gomlab.com/gomplayer-media-player/

 Leave a Reply

(必須)

(必須)