5月 092021
 

日本が戦争に負けて戦勝国の支配を受けるようになって、「日本弱体化」というのが様々な分野で行われている、というのは所々の本に書いてある。そういうのの一環として、「日本民族総腰抜け化」というのもあると思う。
海外に行って思ったが、日本民族(の大半)はどこでも一緒だ。常に「バックが付いている」ことを前提に行動している。どいつもこいつも、一人では何もできない。それは日本列島の日本人も一緒、移民した連中も一緒。常に「背後に何かが付いている」ことを前提に行動している。
こういう民族に日本人が成り下がったのは、戦前からなのか、それとも戦後なのか、俺の知るところではない。けれど戦争中の日本人は勇敢だったし、そもそも戦場で兵士として戦うのであれば、そういう考えがあったのでは使い物にならないだろう。実際にあいつらは、一人でいるところに喧嘩を売りに行くと必ず逃げるようなヘタレだし。
日本が全体主義的だとか監視国家だとか警察国家だというのは、言う人は言っていることだし実際にそうだ。こういうことを否定する人間がいたら、取りも直さずそいつ自身がそういう連中の一味なので、聞く価値はない。人間というのは、自分自身のことを明らかにされるのを一番嫌うからだ。
こういう国家形態をよしとしたのが、過去の為政者の何某だったのか、それは知らない。けれどこういう国に日本をしてしまって、喜んでいるのは実際には戦勝国だろう。なぜなら、こういう国であれば皆が「バックが付いている」ことを前提に生きているので、つまり兵士としては何の役にも立たず、であれば軍隊が極めて弱い国になるからだ。
果たして「バックが付いている」ことを前提に生きている、一人では喧嘩もできないヘタレが、戦場で銃を撃てるかね?こういう連中は兵士としては全く役に立たない。そして日本で良い地位に就けるのは、ひとえにこういう奴らだ。だから日本は戦前のように皆が勇敢な兵士として戦うことは不可能だ。調子こいてる連中ほど、戦場ではクソの役にも立たない腰抜けである。
こういう日本弱体化は様々なところに及んでいるだろうから、気がついたら日本はGDPは先進国最低、成長率はマイナス、平均給与もOECD中最下位とか、そんなふうになってしまった。そして「バックが付いていればいいんだ」と考えている連中がエスタブとして偉そうにして、自分たちのことだけ考えて良い暮らしをしているから、もはや取り返しがつかない。戦勝国はほくそ笑んでいるだろう。
そして俺の親戚のように、こういう国が理想だと思っている奴は、頑なにそれを認めようとしない。綺麗事を抜かす奴は、要するにこいつらの一味である。戦争に行っても一番使い物にならない奴である。俺はこういう奴らをゴマンと見てきたが、いつも「ああ戦場に行っても敵に引き金も引けないで尻込みするヘタレなんだろうなあ」と思ってきた。戦場で実際に敵と戦って死ぬのは、俺みたいな何の後ろ盾もない一般市民なんだろうな、と冷ややか~に思っていた。
これに関しては神のみぞ知る。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)