5月 202021
 

あー・・・俺って底辺だよな。もう高校時代からずーっと底辺。まあ自分が努力しなかったのが悪いんだけど。でも大学時代は努力してたけどな、学問で名を成そうと思って。
あー・・・どうせ底辺になるんなら、高校時代から頑張って東大に入っておけばよかったなあ。高校時代はほぼ全部の定期試験でビリで、受験勉強も散々邪魔されてさせてもらえず、浪人時代もゲーセンに一日6~7時間は入り浸ってて全然勉強してなかったけど、地頭が良いので旧帝には入れた。多分、高校時代から真面目に勉強してて、受験の時も邪魔されなければ、普通に東大に入ってたんじゃないかと思う。それくらい勉強しなかったな。
そんなバックグラウンドがあるので、俺は「学歴のない奴」をメチャクチャ見下している。だってそうじゃん?あれだけ勉強しなかった&させてもらえなかった俺が旧帝卒なんだから、普通の奴なんてすげー恵まれた環境で勉強できるんだから、いい大学に入って当然じゃん。ましてや大学に入って恵まれた環境で学べて、ちゃんと卒論指導も受けさせてもらえたら、ノーベル賞獲るくらいの成果を挙げて当然じゃないの?俺は学問でも何にもわからない奴はカスだと思っている。
最低の環境で最高の結果を残す・・・誰も表立って評価はしてくれなくても、俺は自分が天才だということは自覚しているので、ぶっちゃけ常に他人を見下して生きている。特に「中途半端な自信を持っている奴」を見下しまくっている。半端な大学しか出てない奴とか、私立大学卒とか。「なんで恵まれた環境で思う存分勉強できたのに、結果を出せなかったの?」と思ってしまうのだ。
俺が見ている5ちゃんねるの某板の高学歴スレというところは、高学歴なのに人生の辛酸を嘗めている連中が集っているが、やはりそこでも私立大学、特に私立文系は蛇蝎の如く嫌われている。皆俺と思うことは同じのようだ。「私文」・・・バカだよね。真面目にやってたら国立に入れるだろ。真面目にやってない俺でも国立なのに。うちは父ちゃんも母ちゃんも旧帝卒なので、それが一層私文をバカにするという発想に拍車をかけている。
とりあえず旧帝卒で良かった。大抵の他人はバカにできるし。もし東大を出ていたらもっと謙虚になれたかもしれないが、生憎俺のような中途半端な学歴の奴ほど学歴厨になってしまうのだ。「おまえらって、何もないから、いつまでも学歴に拘ってるよな」と言われることがあるが、その通り、何もないから学歴厨になってしまった。
嗚呼、哀しき学歴厨。何もない高齢無職子供部屋おじさん。このまま燻りながら腐ちてゆくのか、くさったしたいのまま終わる、そんなのは嫌だ!と復活するのか。さあ、どうする?
 

  

  2 Responses to “哀しき学歴厨”

  1. そりゃ復活してリベンジですよ!
    学歴は10代の人生を語る上で立派なアイデンティティだと思います。
    勉強ができたっていう自信が20代30代での精神的な支えになる気がしますよ。
    少々の不運にあっても「俺はデキる、大丈夫だ!」という心の姿勢が人生の巻き返しの原動力となるんですよ。
    ネットのの中でダラダラしつつも、人生の後半でまくり上げましょー!

    • ありがとう。リベンジっすか。そうありたいですね。
      小説を書いてみよう書いてみようと思い続けて5年経ちましたが、まだ何も書いてません。
      俺ってやっぱ才能ないのかな・・・と落ち込みます。
      いつか世間をあっと言わせるようなものを書いてみたいのですが・・・けどもう40代後半だし・・・。
      このまま世間にイジメられたまま埋もれていくんですかね。
      「何もないまま終わる そんなのは 嫌だ!」と思うので、とりあえず諦めないことにします。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)