6月 072021
 

俺がかねがね思っていたこととして、「悪魔崇拝者は、言語の中に虚偽を混ぜ、人々にそれとは知らずに悪魔を賛美させているのではないか」ということがある。
悪魔崇拝者は巧妙なので、人々が「神よ!」と唱えていても、実際には悪魔の名を呼んでいる、という状況を作り出しても不思議ではないと思う。これは俺の古代史の文章にも少し書いたことだ。
具体的な例を挙げよう。例えばスペイン語で、「上る/昇る/登る」という動詞は「subir」という。「私は天国へと昇りたい」なら「Yo quiero subir a paraiso.」だ。しかし動詞「ir」は「行く/go」という意味で、「subir」は見ればわかる通り「sub+ir」である。「sub」は英語の地下鉄や地下道を「subway」ということからも、地下とか下という意味である。だから「subir」なら「下に行く」という作りになっている。
だから「Yo quiero subir~」で「私は下に行きたい」という作りになっている。
つまり何を言いたいかというと、例えば神を信じる者が教会で「私は天国へと昇りたい」「私は天へと召されたい」と言いたくて「Yo quiero subir a paraiso.」と発音しても、それが「私は地獄へ行きたい」と言っているのと同じことだ、ということである。
要するに言語というのは自然発生的にできるものではなく、人の手が人為的に加わって成立するものだから、例えば悪魔崇拝者がいるとしたら、その言語の中に虚偽を混ぜ、知らないうちに悪魔を賛美させているケースがある、ということだ。
これは英語にもあることで、例えば「I believe in God.」と発音しても、言語によっては単語の語尾のdを発音しないので、「God」は「Go」になり、であればサンスクリットの「牛」を意味するのが「go」なので、つまり「私は牛を信じている」という意味になり、であれば牛神であるバールを賛美しているのと同じことになる。
言語を作った者たち(ユダヤ民族?)は世界中に散らばったから、各地の言語が互いにこのように相関関係を持って巧妙に悪魔を賛美させているケースがあるのではないか、と俺は思う。
それは日本語でもあるケースで、例えば太陽の出ている時間を「昼/ヒル」というのもその一つだろう。ヒルというのは蛭子のヒルで、つまり太陽とは真反対の月信仰側の存在だから、その発音が太陽の出ている時間を意味するというのは、明らかに虚偽である。こういうのは世界各地の言語にあるはずである。
そもそもラテン語で「キリスト」は「Christus」であるのに、スペイン語では「Cristo」で、単語の先頭に「CR」が付く。これを見ても、スペイン語を作った者たちが、その中に多くの虚偽を混ぜていることは明白だ(スペインはユダヤ人の多く住んでいた地域である)。

これに関しては俺の拙い言語に関する知識では多くはわからないし、もし追求しようと思ったら膨大な時間がかかるだろうが、まだ誰も論じたことのない問題だと思うので、いつか解明してみたい。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)