7月 122021
 

ちょうど10年前に「魔法少女まどか☆マギカ」がやっていて、俺も見てたけど、まあ普通に面白いアニメだった。けれどその後に、世間がエヴァンゲリオンみたいに不自然に盛り上げようとしてたところがあって、俺は興味深く思ってたけど、いつの間にか皆忘れてしまった。
もしあの作品が、エヴァンゲリオンのように意図的に盛り上げて皆に見せようとしてたならば、そこには何かのメッセージが込められているはずである。
今回はそれを考えてみよう。

まず第3話で巴マミという登場人物が死ぬ。その際に魔女に頭を食われて死ぬが、このシーンである。

「巴」という漢字は、蛇がとぐろを巻いているところから生まれた象形文字だと言われており、事実家紋の「巴紋」も蛇の形状をしている。であれば巴マミという人物が頭を食われて死ぬのは、蛇の頭を潰して殺す、というメタファーだと思われる。聖書にもイエスの言葉として「私は蛇の頭をかかとで砕く」とあるように、蛇という生き物はそうするしか殺す方法がない。それがこの作品の第3話である。

そして第9話では、美樹さやかという人物が魔女になり、それを佐倉杏子という人物が槍で殺し、相打ちになる。その話のエンドロールの止め絵がこれである。

美樹さやかは「癒やしの力」を身につけているので、つまり「医療」の属性がある。また「美樹」は「お神酒」と発音が同じなので、つまり「酒」の属性もある。よって医療や酒の属性を持つ神格として、インドのシヴァ神が挙げられる。そうすると、それが水の中で死んでいるので、シヴァに対応する水(海)の神というとスサノヲが挙げられる。それを殺す人物が佐倉杏子で、「佐倉」は「桜」であり、桜の花は日本の国花だから、これは日本のメタファーではないか。日本という国家が、スサノヲを殺す。
第3話で蛇が死に、第9話で日本がスサノヲを殺す。蛇は弾左衛門(俺の古代史の文章を参照)であり、それとスサノヲつまり荒神が共に死ぬ。つまり日本の被差別階級の二層が共に滅ぼされる、というモチーフである。

そして最終話で、主人公の鹿目まどかが「救済の概念」になり消えてしまうが、救済の概念である女性というのは聖母マリアのことである。「鹿目」という名字は、イエスがイスラエル十二支族のナフタリ(牝鹿をシンボルにする)の出身なのでついた名前か。

この作品の主人公は実際には暁美ほむらという人物だが、「ほむら」というのは「炎」「焔」であって、つまり火や炎のことである。それが魔獣という敵に囲まれているシーンで作品は終わるが、魔獣の「獣」というのは「JEW」であって、つまりユダヤ人である。それが炎を取り囲んでいるシーンになり、戦いはまだ続いていく、と終わる。

火や炎といって思い浮かぶのは拝火教であるが、我々は学校で「ゾロアスター教=拝火教」と習う。ずっと火を絶やさないように燃やし続ける、とか。しかし本当にゾロアスター教と拝火教は同一か?
拝火教というのは、人類にとってエポックメイキングな発見だった火を崇める思想だが、神話上で火を人類にもたらした存在というとプロメテウスが挙げられる。プロメテウスは人類に火を与え、人類を愚かなままにしようとしていた神々にそれを咎められ、罰として「岩山に鎖で繋がれ、永遠に禿鷲に内蔵を啄まれる」刑を受けることになった。
このモチーフは、明らかにゾロアスター教の鳥葬から来ている。ゾロアスター教では、塔の天辺に死体を置き、それを禿鷲に食べさせて処理させるという、鳥葬の文化がある。もしゾロアスター教と拝火教が同一なら、ゾロアスター教こそが火を人類に与えて、だからこそ鳥葬の文化があるのだ、と解釈できる。だからプロメテウスは人類に知恵を与えてくれた存在であり、一部ではルシファーと同一視されることもあるそうだ。
しかし拝火というのはそれよりも以前からある思想だと思われ、古代アーリア人に遡る原始信仰のようだ。そもそもイランというのは、南下してきたアーリア人のうち、新しい思想を持った者たちがイランに留まり、古い思想を持った者たちがそのまま南進してインドへ向かった、と言われている。
俺はあいにくイランについては詳しくない。けれど太陽崇拝やミスラ信仰など、インドとは反対の思想が多いことは知っている。インドラを極度に低い存在だとみなすこととか。そういう土壌で生まれたゾロアスター教が、果たして拝火教と同一だろうか?
「魔法少女まどか☆マギカ」が伝えたかったのは、暁美ほむらつまり拝火教のメタファーが、ユダヤ人に囲まれている、ということではなかったか。拝火教というのは、ゾロアスター教に取り囲まれて、永遠に火を消さずに助けを求めているのではないか。何となくそんな気がする。
そもそもイスラエルとイランは仇敵だと言われるけれども、実際にはアケメネス朝ペルシャがバビロン捕囚からユダヤ人を救出したので、ユダヤ人はペルシャに多大な恩を感じており、またユダヤ教のパリサイ派はペルシャと同じく「ファールス」から来た言葉だから、ユダヤ人とイランは実際には非常に強く結びついている。
ゾロアスター教徒のユダヤ人がいるとすれば「秦」で、これはペルシャの中国名だが、日本の秦氏は要するにこれである。日本の広島には彼らの秦王国があったと言われ、戦争中に広島に原爆が投下された理由はそれである。それが「魔法少女まどか☆マギカ」最終話の魔獣であって、それが暁美ほむらを取り囲んでいるというのは、彼らが拝火教を取り囲んで拘束していることのメタファーではないか・・・と思えてならない。
多くの人はゾロアスター教=拝火教だと思っていて、その結果イランは悪の枢軸と呼ばれてキリスト教世界の天敵であるが、実際にはイランという土地は何某かに占領されて利用されているだけではないか、と思えてならない。その理由が何なのかはわからない。

俺はイランやゾロアスター教については拙い知識しかないし、ゾロアスター教に関してもルーツについては諸所の説があるようだが、とりあえず「魔法少女まどか☆マギカ」という作品が何らかの隠れたメッセージを伝えようとして制作された可能性はあるよな、と思う。エヴァンゲリオンの最初の映画公開時に、バチカンが「あの内容は正しい」というメッセージを出したように。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)