7月 242021
 

昨日はオリンピックの開会式をやってて、どんな寒い演出をするか興味深く見てたけど、AKBとかジャニーズは出てこなかった。その代わり意識高い系の演出で、何というか「可もなく不可もない手堅い演出」という感じだった。まあくだらないアイドルを出して世界中に恥を晒すよりはマシだった。
そして橋本聖子がスピーチをして、「天皇陛下が~」と述べてたけど、相変わらずこの「天皇陛下」という呼び方がおかしいということがわかってないよな、みんな。
そもそも天皇は日本で一番偉い人なんだから、「陛下」という「下」がついた呼び方で呼ぶのはおかしい。「陛下」の「陛」というのは「階段」という意味で、つまり天皇家が宮殿に住んでいて、その入り口から階段が降りていて、その階段の下に我々庶民がおり、そこから天皇に話しかける時に、階段の下から話しかけるから「陛下、〇〇で御座います」と言うのが原義だ。この際文の主体は自分である。
俺がパラグアイに住んでた時にスペイン語を習っていた女性は、スペイン国王の城に入ったこともあるし日本の天皇にも会ったことがあると言ってて、まあ普通の身分ではなかったのだろうが、彼女が言うには、天皇に話しかける時に「閣下」と話しかける、と言っていた(ちなみに「天皇と話す時には、質問をしてはいけない」のだそうだ)。
「閣下」の「閣」というのは宮殿のテラスのことで、つまり宮殿の一番高いフロアに天皇がいて、その下のテラスに閣僚がいるから、下のテラスから話しかけるから「閣下、〇〇で御座います」となるわけだ。この際も文の主体は自分である。
だから「陛下」も「閣下」も、「話しかける主体である自分がどこにいるか」を表す表現なのである。それなのにテレビでも新聞でも、橋本聖子のスピーチでも、「陛下は〇〇であり~」みたいな使い方をしている。普通に考えて、一番偉い人の呼び名に「下」ってついていたら変だってわかるだろ。いい加減直せよ。天皇は天皇と呼ぶべきだ。

さて、今日で禁煙三日目。まだ順調に続いている。一応チャンピックスを飲んでいるけど、飲まなくても大丈夫そうな気がする。さっきニコレットが届いたけど、甘くないやつを頼んでしまったのは失敗だったな。マジで味がしねえ。クールミントにするべきだったかな。
禁煙に完全成功したら部屋をクリーニングとリフォームするつもりなので、今から要らない物を処分している。もうホンットにヤニでガビガビになって汚えの。やっぱタバコって百害あって一利無しだよな。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)