8月 202021
 

ニュースを見ると連日大谷翔平の大活躍が報じられていて、日本人として誇らしい限りである。本当に大谷は凄い。長打力、投手力、走力に加え、イケメンであることとか・・・。アメリカ人の子供の間でもヒーローだろう。
確かに、大谷は凄い。しかし皆、誰かのことを忘れてはいないだろうか?・・・そう、全日本で四番を打っていた、筒香嘉智である。皆彼のことをスッカリ忘れている。筒香は全日本で四番を打つという強打者で、鳴り物入りで大リーグへ渡っていった。ところが・・・その後の不振は、皆の知るところである。そしてもはや、話題にすらならない。

筒香のことを考えると、何となく自分のことを思い出してしまうのは俺だけだろうか。さんざん期待されてたのに裏切って、今や全く話題にすらならない・・・。チームはレイズからドジャースに変わったと思っていたが、いつの間にかパイレーツに移っていた。現在の成績は打率.162、本塁打0、7打点、0盗塁・・・。これが全日本で四番を打った男の現状である。大リーグは厳しい。
サンデーモーニングを見ていると、張本さんが「筒香は大リーグが合わなかったんだよ。日本に帰ってくればまた打てるようになるよ。3割40本打てるよ」と言ってくれてるが、日本に帰ってきて打ったところで、ねえ・・・。曲がりなりにも全日本で四番を打っていた男が、大リーグで全く通用せずに都落ちというのは、あまりにも惨めすぎるだろう。
何というか、「お山の大将」だったんだね筒香は。そういうところも俺と同じである。まさかここまで全く通用しないとは思わなかっただろうが、大谷の華やかな活躍の裏で、思うことはなんだろう。おめおめと日本に逃げ帰ってくるわけにもいかないし、かと言ってこのまま続けても醜態を晒すだけ。嗚呼、まるで南米に行った時の俺を見ているようだ・・・(涙)。
だから俺は、筒香を無碍にバカにできない。せめて.260、10本、40打点くらいは打ってほしい。密かに応援しているぞ、筒香よ。仮にも全日本で四番を打っていたのだから、考えを改めればもっと打てるはずだ。ぜひ頑張ってほしい。

そろそろ禁煙して1ヶ月経ち、部屋のリフォームも近づいてきた。部屋に元々あった家具類は全部処分して、ネットで新しいのを注文した。部屋が綺麗になったら、水泳をやったり内職を探したりしたいと思っている。思えば、毎日腕立てと腹筋とスクワットをするようになったらやる気が出てきた。テストステロンの作用というのは真実のようである、うん。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)