10月 192021
 

俺は「心理学をやっている」という人間を信用していない。こういう人間は大抵「自分は人間の心理を熟知している」と思い上がり、他人をコントロールしようとしたり、対話のテクニックを使って会話しようとしたりするので、逆に信用できない。
そもそも日本の精神科医なんてのは、バカスカ薬を出して薬漬けにして延々意味もなく通院させたり、特に理由もなく入院させたりして、医師としての能力が極めて低い者が多い。「患者を治療する」という発想のない日本の精神医学、あんなものは医療ではない。
そして日本の精神医学の基礎になっているのが、ユング心理学である。あくまでも俺は門外漢として外部からの印象を語ることしかできないが、ユングというのは海外ではオカルト扱いされて、日本のように「精神医学の基礎」とはみなされていないという。
元々精神医学を開拓したフロイトが、後にユングと出会い、しばらくウィーンで共同で研究をして、その後戦争が起こり二人は別れたと言われている。しかしユングはその後ナチスの幹部になり、どこかの省庁の副局長になったはずである。俺の想像では、フロイトの研究成果をドイツに持ち帰り、それをナチスに提供して、宣伝相や心理戦に応用させたのではないかと思う。そうでもなければナチスがあれだけ心理をコントロールする戦術を多用できたはずはない。
俺がいつも思うのは、ユングの言う根本原理である「共時性」であるが、なぜ日本人はこれを真に受けるのか不思議でならない。共時性というのは要するに「どこにでも似たようなものは現れる、それらは共通の無意識がもたらすものであり、みな偶然である」ということだ。そしてそれを、神話モチーフが各地で共通性を持つこと等に求める。だが、そもそも彼らゲルマン民族というかアーリア民族は、元が印欧祖語を話す同じ民族である。だから神話モチーフが共通しているのも当然である。印欧比較神話学がとっくの昔に確立していたヨーロッパで、ユングの主張を真に受ける者など皆無であった。こういうことなどから、ユングの学説は欧米ではオカルト扱いされているという。
そしてその逆に、フロイトの学説の基本は「何にでもルーツ・起源がある」と考え、その根本原因を探ることであった。ここにフロイトとユングの決定的な違いがある。フロイトは「似たような物事があったら起源を探る」という発想であり、ユングは「似たような物事があっても偶然である」という発想だ。
これは日本の同和問題を考える上で、「人種起源説」を採るか「政治起源説」を採るか、という問題とシンクロしている。もしフロイト的に考えるなら、日本の同和問題と外国の差別問題を比較して共通の起源はないか探ろう、ということになり、そこには共通の人種が介在しているのでは、と考えることである。しかしユング的に考えるなら、日本の同和問題と外国の差別問題は似ているがただの偶然であり、日本でも外国でもそれは体制が作った制度であって、似た制度がともに存在するのは偶然である、という考えになる。
だから俺は、日本で妙にユング心理学を拝聴する傾向が強いのは、部落解放同盟の影響があるからではと考えている。言うまでもなく、部落解放同盟は政治起源説だからだ。
心理学者や精神科医と話すと、二言目には「ああそれは偶然だよ」「似たようなことはどこでも現れる」と言う。俺はこういうのは、ただのバカの妄言だと思う。要するに、物事のルーツを探ろうとせずに、何でも偶然偶然と片付けるのは、知の探求を放棄したバカの考え方だ。そして日本の精神医学界は、こういう連中で占められている。
日本はガラパゴス島国の国ゆえ、「日本でしか通用しないこと」がたくさんある。ユング心理学もその一つだと思うが、これを意図的に広めようとしているマスコミや作家などは、何を意図しているのかね?「日本の宣伝相」などはナチスの宣伝相の理論を参考にしているらしいので、大いにユングや河合隼雄には負うところがあるのだろうが。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)