2月 282022
 

いよいよロシアの軍事侵攻が始まった。もちろん市井の一市民である俺には、その裏にどんな真の事情があったかなどわかるはずもない。ただ「ごく初期の段階では割と本当のことを言う」習性のある日本のマスコミでも、当然クル族がどうだとか、グルジアがスターリンの出身地だからとか、そういう事は言っていなかった。
俺の印象では、グルジアという国が「自分たちのことをジョージアと呼んでほしい」と言い出した事、あれに何かの事情が隠されているのでは・・・と思うのだが、真相はわからない。
んでプーチンが核攻撃の可能性を示唆したとか言われてるけど、これって日本が一番危ないって皆判ってるかな。あくまでも威嚇のために最初は撃つんだろうけど、日本なんてその標的として最適なわけで。なぜなら、

・今回ロシアに経済制裁をした
・日露戦争の件でロシアが恨みを持っている
・アジア人の国なので殺しても良心が痛まない
・攻撃したところで絶対に反撃してこない
・これまで複数回核被害に遭っている
・標的にした際のインパクトは大きい
・国際的な地位が低く影響力もない
・北方領土問題が現在進行形である
・アメポチ

という美味しい要素が満載だから。俺が見せしめのために撃つなら迷わず日本に撃つけどね。もし撃つとしたら東京ではなく、札幌とか、首都圏の主要都市だろうけど。ま、いいんじゃない。「困ったことになる」と言ったのに聞く耳持たないほうが悪い。
世界の終末を予感させる今回のウクライナ危機。俺は菅原道真を信仰するので、そういう意味ではシヴァ信者である。