7月 122022
 

地球温暖化とかSDGsとか言われるけど、なんで欧米だけでなく中国やロシアも歩調を合わせているかと言ったら、「人類共通の問題だから」だ。
なにが人類共通かと言ったら、地球の文明が、栄えては滅び栄えては滅び・・・というサイクルを経て今の状態になったという事実がまずある。古代の洪水伝説を見てもわかるけど、地球は温暖化→寒冷化→温暖化→寒冷化・・・という自然のサイクルを循環するので、その過程で海面が上昇したり下降したりする。だから海岸線が前進したり後退したりというサイクルも起きるので、陸地が水没したり文明が海に沈んだりすることも当然起こる。
今の人類文明は1度目ではなく何度目かの文明だと思うから、それ以前に栄えていた文明は海に沈んで滅んだか、戦争で滅んだか知らないけど、せっかく今の文明が始まって数千年経ってようやくここまで元に戻ったのだから、再び滅んでしまうのは人類にとって望ましくないだろう。一度滅んでしまうと元に戻すのは本っ当~に大変だ、だって何千年もかかるし。
そういう思いを為政者は抱いているので、地球温暖化や資源枯渇などはどうしても避けたい。だから敵対する欧米と中国ロシアが、この問題に関しては歩調を合わせている、というわけだ。
でもねえ・・・地球規模の大自然の変化を、たかが人間ごときが止めようとしたってねえ・・・。こういうのを「焼け石に水」と言う。だから性懲りもなく宇宙へ出ることを模索しているようだけど、俺は十中八九間に合わなくてまた人類文明は滅びると思う。インドのことをやってればわかるけど、かつての前文明で核エネルギーまで手に入れていても滅んでしまったんだから、いくら頑張っても無駄だろう。

Krishna cooperates with Shiva.