5月 292022
 

親父が以前使ってたPCがあって、あのPCデポの幕◯インター店(年寄りに高額な契約を押し付けて解約もしないのでSNSで炎上した店舗)で買わされたPCなのだが、NECのLAVIEの一体型で、CPUはi5 8250Uでまあいいとしても、メモリ4GBにストレージHDDという超絶ヘボ仕様で、親父は使いながら「遅い遅い」と文句を言ってて、ブチ切れて去年買い換えた。
そんでそのヘボPCを「要らないからやる」と俺がもらったので、とりあえずアマゾンでメモリ4GBとSSD240GBを購入し、それを取り付けてスペックアップして、メルカリに出品してみた。・・・けれど一週間たっても売れない。いいねはいくつか付いたけど、やっぱ高いのかなぁ、う~ん。
で、ネットを見ているとしばしば目につくのが「Linuxで自宅ファイルサーバー構築」という記事。20年前にほんのちょっとだけ仕事でLinuxやUNIXを弄ったことがあるので、せっかくだから俺もファイルサーバーってのを立ち上げてみようかな、と思いついた。
んで今まで1時間ちょっとやってみて、とりあえず出来たので、忘備録を書いておく。

まず、Ubuntuの22.04LTSをPCにインストールし、その後Sambaをインストール。

次に、Ubuntu上で共有させるディレクトリ(フォルダ)の設定と、Samba設定ファイルの記述。
「ホーム」ディレクトリ内の「公開」というディレクトリを、「public」という名前に変えて、共有設定しました。

これだけで出来るかと思いきや、Sambaのユーザーを追加する必要があるそうで・・・。
「pdbedit」というコマンドを使用します。

これでWindows10のPCから、Ubuntuの共有ディレクトリが見えるようになりました。

で、今のところ一応、Ubuntuを入れたLAVIEがファイルサーバーとして動作しています。
まあストレージを何台も付けないとファイル倉庫としては使えないし、あくまでも練習ってことで。
このLAVIEは一体型で場所も取らないし、音も静かだから、実験&勉強用にとっておいてもいいかな?

 Leave a Reply

(必須)

(必須)