9月 282022
 

世の中は実力主義、能力主義なのだ。だから全ては自己責任。全ては自分自身の才能と努力の結果である・・・。
という「設定」にしたい奴らがいる。
だから逆に、落ちこぼれている奴は自己責任でそうなったのだ・・・という論も正当化されている。
くだらない茶番だ。
俺がされてきたように、アンフェアなやり方で無理やり社会から排除する、そうやって落ちこぼれになった奴は、いっぱいいると思うぞ。特に日本には多いだろう。なんせ「イジメ」「村八分」「他人の足を引っ張る」のが伝統文化の社会だから。
自分自身がアンフェアなやり方で気に入らない奴を排除して、代わりに自分は甘い汁を吸う。ぶっちゃけ日本のエスタブはそういう連中ばっかりだろう。もちろん、日本だけの話ではない。
冒頭の論を突き詰めれば、「ユダヤ人は現在世界を牛耳っている。しかしそれはユダヤ人が優れた民族だからであり、神に選ばれた民だからである。全ては正当な結果だ」という論になるわけで、じゃあ実際にそうだったの?といったら、どう考えたって違う。
つまり現在の世界がそうなっている以上、日本も同じなのはある意味当然だ。

まあ要するに、世の中なんてそんなものだ。So it goes. そういうものだ。だから勝ち負けとか気にする必要はない。ほとんどが茶番なんだから。
それより「どんな生活をしていても楽しく暮らす」のが大事。俺はそういう才能には長けているので、今まで人生に悲観したことは不思議なほどない。そこが「足を引っ張る連中」が悔しがる理由かもね。(^^v

 Leave a Reply

(必須)

(必須)