11月 152022
 

パラグアイでは病院と契約してお金を払っておかないと、いざという時に病院にかかれない。日本のような国民皆保険がないからだ。
だから俺は市内のコリアンタウンの近くにあるアドベンチスタ病院と契約していた。ここはアドベンチスタ教会が運営していて、ADVENTISTAとは「再臨」を意味する。つまり再臨派教会のことだ。北アメリカの影響が強い宗派らしい。
で、パラグアイ滞在時の最後に俺は風邪をひいてしまい、ずーっと治らなかった。それで帰国直前にアドベンチスタ病院へ行った。受付をして待合室に行き、番号札を引いて椅子に座った。
そして番号札の番号を見ると「B29」と書かれていた。

  One Response to “アドベンチスタ病院にて”

  1. […] ■歴史関連 ・エドガー・アラン・ポーの「イスラフェル」 ・ウクライナとクル族 ・クル族とハザール帝国 ・ギデオンの武器 ・ダン族について ・もう一度来るのなら ・ヨハネの黙示録 ・アドベンチスタ病院にて […]

 Leave a Reply

(必須)

(必須)