12月 312022
 

さーて2022年も今日で終わりだ。今年は結構いろいろあったけど、やっぱ去年禁煙したのがターニングポイントだったかもしれない。
昨今の情勢を鑑みるに、いろんな歯車が合わさったのが今年だったのかなと思う。部落解放同盟のシンボルマークは「荊冠旗」だけど、図らずもそれが現実となってしまったわけだ。長い間「預言者殺し」を繰り返してきた連中が、いよいよその欺瞞を暴かれる時が近づきつつある。もちろんWWⅡが終結するまでには数年を要したし、早々に片付く問題ではないだろうが、早晩実現するだろうことは疑いない。
現在の状況を天皇家がどう考えているのか興味深い。俺みたいな市井の一般市民には、皇室や皇族や宮内庁が何を考えているかなんて知る由もないけど、ただ「現在の天皇」は肯定してるはず。だって皇后があんなことになってるんだし。
イエスの荊冠を自分たちのものだと主張してきた連中が、実は背信者だった・・・という事実は、聖書の新たなページに書き加えられてもいいと思う。

2023年は日曜日から始まるね。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)