1月 232023
 

なんつーかな・・・。

いろんなことがあったし今もあるけど、そういうのを「受け入れる」ことも必要かな、と。
正確な理由はわからないけど、そういう運命であるのを受け入れることが、俺にとっては必要らしい。
ただ決して「諦める」わけではない。give upではない。ただ「受け入れる」だけ。英語ならacceptかな?だから幸せになるための努力は続けるし、もうこれ以上不幸な目にはあいたくないから、理不尽なことには断固抵抗する。だけど「運命を受け入れる」ことは必要かもしれないと、ようやくちょっとだけ達観できた。
だから諦めるわけではないので、また不幸な目にあいそうになったら全力で抗うし、助けてくれる人がいたら全力で頼る。二度と不幸な目にあうのはゴメンだ。そして同時にできるだけ幸福を目指すのはこれまでと同じ。だけど「So it goes.=そういうものだ」と受け入れることは必要だろう。
それが、人生というものだ。

そう、幸せを求めて足掻くところに、人の尊さはあるのだから。

1月 152023
 

そろそろ気付いてる人もいるかもしれないけど・・・。

俺は心理学に直接の興味はないんだけど、他人を観察して心理を推測・類推するのが昔からの習性だ。
「心理学を勉強した」と言う奴ほど、自分は人間心理を熟知しているーと過信していて、その逆に自分の心理を隠せなかったり他人の心理もマニュアル的にしかわかってないケースがある。
例えば大学2年生の時に、教育学部のF原という教官と話したことがある。彼が初対面の俺に対して、あまりにも「対話のテクニック」を使って会話しているのが見え見えだったので、翌日に電話で「先生は対話のテクニックを使って話しているのがありありとわかるので、逆に信用できませんね」と言ってやったら、F原は「あ、そうですか・・・」と電話口の向こうで動揺していた。
こういう心理学者や精神科医には「自分は人間心理に関するプロである」と過信していて、他人を見下して心理的にコントロールできると思っている奴がしばしばいる。だから逆にそのことを指摘してやると動揺する、という場合がある。
そういう「対話のテクニック」というのをまとめた書籍に「ヒトラーの対話術」みたいなタイトルのものもある。つまり例によってユング心理学の応用である。俺はその辺も幸か不幸か関わり合いになることがしばしばあったから、関心は持っていた。今振り返れば、あいつのああいう物言いはこういう意図があったんだな、とわかる場合もある。言い換えれば「ペテン」「心理操作」「煙に巻く」みたいな感じだ。

サイコスリラーの名作として「羊たちの沈黙」という映画がある。俺も高校時代に見て、あまり面白くないなあと思ったが、あれでレクター博士がクラリス捜査官と一対一で対話した際、彼女の過去や心理を推測分析してあれこれ話して聞かせ、その結果彼女が心理的に動揺させられてしまう、というシーンがあった。
俺は十数年前に一度、あれと全く同じことを『ごく近しい人間』に対してやってみたことがある。そうしたら、その人間が泣き出してしまった。
だから俺は、確かに体系的・学術的に心理学を学んだことも精神医学を学んだこともないんだけど、実は人間心理をとてもよくわかっている(タイプの)人間なのだ。以前書いたようにHSP(Highly Sensitive Person)だし、これまでずっと人間の裏や機微を気にかけて生きてきたので、机上の理論は知らなくてもわかっていることはたくさんある。
一言言うなら「経験に勝る勉強はない」わけで。

そして十中八九、俺のことを「ボーっとしてて他人のことなんか気にかけてなさそう」と思ってる奴は多く、そういう奴は俺に対してタカを括っていろいろ見せてしまうケースが多い(多かった)ので、そろそろバカだったと気付くんじゃないかな。
ぶっちゃけた話、他の連中が俺に関して聞いてた話は、外見に関しても知能に関しても運動(柔道など)に関してもその他のことも「ほとんど全部ウソ」だったんだよ、もう遅いけど(爆笑)。

1月 082023
 

俺は若い頃にちょっとだけ柔道をやってて、本当はもっとちゃんとやりかったけど、例によって「足を引っ張る」クズのせいでやらせてもらえなかったという苦い過去がある。
一つだけ書かせてもらうと、高校時代に団体戦で県大会に出た時に三人抜きをして、その試合を見てた某大学の選手が卒業後に教師になって俺の高校に赴任してきて、その年の全日本選手権でベスト8入りした、ということがあった。彼がなぜうちの高校にわざわざ赴任したのか、その辺はわかる人にはわかるだろうけど、「努力をさせず実績を残させない」というやり口はナチスの典型的な手法だから。

前口上はいいとして、その後もしばしばテレビで柔道の試合を見ることがあったけど、最近の試合って超つまんねーよな。何がつまんないかって、もう「横倒し合戦」でしかないこと。
昔は一本・技有り・有効・効果があって、ポイントで先行されても上位ポイントで逆転することもあったし、反則で逆転することもあったから、スポーツとして正常だった。けど今は一本と技有りだけになって、しかも審判が何でもかんでも技有りにするからみんなひたすら相手を横倒しにしようとしてる。どう見ても有効だろってのも技有りで、ただの横倒し合戦。横倒し二つで一本、これじゃつまらない。
それに手で足を取るのも禁止になったからグレコローマンと同じになってて、昔みたいな豪快な掬い投げもないし、朽木倒しみたいな奇襲技も消えた。制限が増えたら逆につまらなくなるのは当たり前だ。
あと寝技も、どんどん抑え込みに必要な時間が短縮されてほんのちょっと抑えただけでブザーになるし、抑え込まれた際に場外まで引きずって逃げても解けたにならないから、寝技の駆け引きみたいなのもなくなった。
こんな感じで、俺みたいに一昔前にやってた人間が見ても全然面白くない内容にルールがどんどん改悪されてる。

こういうのは特に日本人は皆思ってることらしく、だから日本国内の試合は昔と同じルールでやってるんだろうけど、なぜIJFはどんどんルールを改悪し続けるのか。
ルールがここまで激変したのは現在の会長のビゼールになってからだと思うけど、この人物は元々ルーマニアの軍人で、ハンガリーに亡命後に実業家になり、その資金を元手に柔道界に進出した・・・となってる。亡命した元軍人というのも「?」って感じだけど、裏はないのだろうか。だって誰が見たってどんどんつまらなくなってるのに、敢えてそれを推し進める理由って何?と思うけど。
ちなみに10年くらい前の日本柔道界といえば、女子柔道の暴力問題でなぜか指導者から警察出身の人間だけ排除されたり、活動自粛になった大学柔道部があったり、内柴選手が逮捕されたり、あと2012年の全日本選手権とか、いろいろあったような気がする。
それ以前には猪熊功が自殺した事件というのもあったけど、時々変なことが起こるよな。だって柔道のルーツって古武術で、元を辿れば忍者みたいな連中がやってたんだし・・・。

俺みたいな「フツーの日本人」が入り込むのはやや難があるんじゃないか、という気がするんだよね、日本柔道って。単なるスポーツなのに。

1月 042023
 

新年になってからずっといい天気が続いているので過ごしやすい。大抵昼飯を食ってしばらくすると眠くなる。
糖尿病の経過が順調なので薬が一種類減らされたけど、そしたら体重が若干増えた。このままリバウンドするのは避けたいので、また気を引き締めて体重をキープ&さらに減少させたい。
せっかくズボンのサイズも二回り小さくなったんだし。

俺がまた1年生き残れたのは「運も実力のうち」という感じで、わかりやすく言えば「ナチスに迫害されていたユダヤ人の親類に、たまたま親衛隊隊員がいた」みたいな感じである。今でもその人物に連絡は取るものの、果たしてどう思っているかは不明だ。
20年前からしばしばネットに「不思議な書き込み」があり、それを見ると、俺を利用しようとしてるのか助けようとしてるのか他の意図があるのか、よくわからんけど、なんかいろんな連中がいるみたいだなーと思う。毒雑なんてフツーじゃない書き込みがちょくちょくあるし・・・。
先月その毒雑で「おすすめの小説教えて」みたいな話題になったら、「ぼくを忘れたスパイ」という作品を教えてもらい、試しに読んでみたら結構面白かった。冒険小説やスパイ小説は元々好きだけど、南米でそういうのの一端に触れた経験から言うと、ちょっと違うかな?という気はした。でも毒雑をそういう場所に使ってる輩もいるらしく・・・困ったもんだね。
ただいくら俺が「実は肉体的にも精神的にもタフだった」にしても、これ以上利用されるのはゴメンだね。

とりあえずSTEAMやBlizzardでセールをやってたので、やるゲームには当分困らなそう。去年モニタもグラボも新調しといてよかった。
タバコは一昨年卒煙してから全く吸ってないので、部屋は今も綺麗なままだし、服もヤニ臭くない。すごく清潔で健康的、しかも金が貯まる。
元旦は深夜に稲毛浅間神社へお詣りに行って御守りも買ってきたけど、この期に及んでも他人の足を引っ張るクズにつけるクスリはなく、やはり「連合軍とナチスはわかり合えない」なぁと再確認。よって「歴史は繰り返す」「驕る平家は久しからず」を合言葉に、悪魔を滅ぼすために頑張っていきましょう!