入院者を心理的に屈服させるノウハウ

精神病院に入院させられる場合、それが短期だろうと長期だろうと、病院側は患者を心理的に屈服させて言うことをきかせる必要があるのは当然。そのための典型的なテクニックに、保護室に入れる、がある。
保護室は3~4畳ほどの狭い密室で、簡易トイレと寝具のみが置かれていて、定時に食事と投薬が行われるだけ。そして特徴としてナースコールが無い。普通の病院なら看護師を呼ぶためのナースコールが必置のはずだが、精神科にはその義務がないので、保護室にもナースコールが設置されていない。これがミソ。
建前上、保護室というのは「精神的に興奮している患者を落ち着かせるために一時的に収容する」部屋となっている。だから当然、部屋の壁を叩いたり、扉を叩いたり、室内で大声を出したりすると、それは「興奮している」とみなされて保護室から出してもらえない理由にされてしまう。しかし保護室にいても当然、患者は種々の用事で看護師を呼ばねばならない場合がある。トイレの紙が切れたとか、体調が悪いとか、水が飲みたいとか、その他。ではそういう場合にナースコールが無いならどうしたらいいのか?と言ったら、大声を出して看護師を呼ぶか、それで来なければ部屋の扉を叩くとか、それでも来なかったら渾身の力で扉をガンガン蹴りまくるとか、そうやってナースステーションに意思を伝えねばならない。だがこういう行為を取ると、病院側は「患者はまだ興奮している」と言いがかりをつける口実にして、結果的に保護室留置が長引くことになってしまう。
本来ナースコールを設置しておいてそれを押したら看護師が即来るのが病院のはずなのに、精神病院にはそれが無いので、患者は大声や騒音で看護師を呼ぶしかなく、しかしそれをすると結果的に「まだ病状が悪いまま」とみなす口実にされてしまい逆効果・・・。つまり何か問題があってもひたすら我慢して保護室内で耐えていなければ、そこから出してもらえない。こうやって病院側は、患者を心理的に屈服させようとする。
その「扉をガンガン叩く」際も明らかにナースステーションに聞こえているのに、看護師はわざと聞こえないふりをして、一定時間が経たないと来ないことが多い。その時間も適当に長短コントロールしてすぐ来たり来なかったりする。そうやって患者の心理状態を不安定にすると同時に、看護師は「患者に舐められないようにする」というか、正確には「わざと信頼関係を結ばないようにする」テクニックを使う。患者は「こないだはすぐ来たのに今回はなかなか来ない。どうなってるんだ」と不安に思い、看護師を信頼できなくなり、その結果看護師が患者に対し心理的に優位に立ちコントロールしやすくするのが目的。当然扉をガンガン叩く回数は増えていくから、病院側が「まだ病状が悪いまま」と言いがかりをつける口実は更に増す、というわけだ。
こういう「看護師が患者より心理的に優位に立つための」テクニックにはいろいろあり、例えば食事をたまに部屋の入口から持ってこずに反対側の差入口から入れてみたり、他にも患者がトイレで用を足している最中に持ってきてわざと床に置いたり、布団を「季節が代わった」と理由をつけて一枚取りあげたり、他にも。
結局、日本の精神病院というのは「合法的収容所」だから、そこに収容されている「患者」を心理的に屈服させるのが病院側の意図で、事実ある病院では「政治犯が収容されている」と聞いたことがあるし、中には糖尿病患者に対して投薬を禁じられているジフレキサを入眠前に眠剤と称し処方した例も知っている。
もう繰り返すまでもないが、日本の精神医療は医学でもなんでもないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA