今後の予想

今年のアメリカ大統領選挙でトランプが当選しようがバイデンが再選しようが、今後の世界はかつての冷戦構造みたいにアメリカ軸とロシア軸のニ極対立軸になり、お互いに反目しつつも全面戦争はせずバランスを保っていく形になるはず。
インドの神話観で「ヴィシュヌ・・・維持」「シヴァ・・・破壊」で、ブラフマーはヴィシュヌの臍にくっついており「日本・・・バラモン」だから、アメリカが日本を取り込んで世界の維持の役目を担い、ロシアがウクライナ問題で戦争の危機を煽り破壊神の役割を演じ、同時にグローバルサウスを率いて途上国の側を代表する立場になるのは「シヴァはアーリアンと土着の両方の要素を持つ」から。
結局アメリカもロシアも印欧語族つまりアーリア人なので、その仲間のインドの神話観を踏襲し、アメリカがヴィシュヌの役割をロシアがシヴァの役割を担って、今後の世界をニ極対立構造で運営していくという方針なんだろう。そのために鬼っ子の中国にロシアが釘を差し、韓国と台湾はアメリカが引き込んで、朝鮮半島は統一の方針を破棄して、結果的に世界が大きなニ極対立軸でバランスを保っていくような流れになるはず。
だから遠くないうちに、そのために国連総会~という展開になるような希ガス。
 

(参考)「インド的神話観との相似」・・・https://getwing.net/2023/10/27/インド的神話観との相似

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA