キモチワルイ

古代のペルシャで「王の目・王の耳」というのがあって、市民に紛れ込んだ間諜が市民生活を監視する秘密警察の元祖だった、と学校で習う。日本では平氏政権時代に同様のカムロというのが街を練り歩いて、平氏の悪口を言う市民を監視した、と習う。
日本にはBやKがいるが彼らは見てもそうだと判らない。親類に◯◯がいる者がいても誰がそうだと判らない。こういう「誰がそうなのか判らない」から秘密警察で、もちろんユダヤ人も見てもそうだと判らない。アケメネス朝ペルシャがその元祖なら王の目・王の耳の実働部隊は誰か、今や判らない。
こうして秘密警察だか秘密結社を形成して、要するに何らかの組織に属して生きてるのが大半の日本人。当然フツーではないしバレたら血相を変えて否定するだろうが、事実としてそういう生き方を嬉々として選んでいる。そして子供にも同じ生き方をさせて、末代まで秘密警察。気持ち悪い秘密ネットワークの一員として生き「偽情報」でコントロールされてラジコンのように生きる。自己意思はゼロ。「あれをやれ」と言われればするし「あれを言え」と言われれば言う。それが正しい生き方だと信じて犯罪だろうと気にせず実行し、結果として甘い汁を吸いいい生活をする。
普通の人間たる俺はそういうキモチワルイ繋がりには一切関与してないし、全く普通の一般市民。けれど大半の日本人は異常者なのでキモチワルイ秘密の繋がりに入り、どこかから「あいつを苛めろ」と言われたら集団で苛めるし「あいつを差別しろ」と言われたら集団で差別する。そして一個人を皆で排除し、自分たちだけが人間だと選民思想で生きている。
日本が世界一のイジメ大国で陰口や他人の足を引っ張る国民性と言われるのはこういうこと。だけど世間から排除された俺が実は最も優れていた、という。

↑ここまで書いた文章を読んで、恥ずかしいと思うならマトモな日本人、ムカつくと思うなら犯罪日本人。恥ずかしいなら改善するのがマトモな日本人、ムカつくからもっと嫌がらせするのが犯罪日本人。どっちが多いか知らん。ただこんな連中が子供を産んだところで「おまえの子供はそういう人間の子供です」というだけだし、犯罪者の子供は犯罪者の子供です。地球の裏側に行っても日本民族は大差なかったので、DNAの問題かもしれない。だってあっちの国では現地人はそんなことなかったし。

ただそういう「秘密の繋がり」「ネットワーク」な、そういうのは秘密警察ともいうしマフィアともいうが、当然外国もそれを利用するからな。日本の機関がそれを使って何かするのと同様、外国の機関もそれを利用する。だから例の団体が「草の根をわけても探し出す」と豪語するけど、それはこっちも一緒。その命令網で何かしろとか何か言えとか命じられたのは、同じ繋がりを使ってこっちも追跡可能。だから後々、ハラスメントしてるカスは草の根をわけても探し出す。嫌なら自重しとけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA