弧毒男

10月 192021
 

俺は「心理学をやっている」という人間を信用していない。こういう人間は大抵「自分は人間の心理を熟知している」と思い上がり、他人をコントロールしようとしたり、対話のテクニックを使って会話しようとしたりするので、逆に信用できない。
そもそも日本の精神科医なんてのは、バカスカ薬を出して薬漬けにして延々意味もなく通院させたり、特に理由もなく入院させたりして、医師としての能力が極めて低い者が多い。「患者を治療する」という発想のない日本の精神医学、あんなものは医療ではない。
そして日本の精神医学の基礎になっているのが、ユング心理学である。あくまでも俺は門外漢として外部からの印象を語ることしかできないが、ユングというのは海外ではオカルト扱いされて、日本のように「精神医学の基礎」とはみなされていないという。
元々精神医学を開拓したフロイトが、後にユングと出会い、しばらくウィーンで共同で研究をして、その後戦争が起こり二人は別れたと言われている。しかしユングはその後ナチスの幹部になり、どこかの省庁の副局長になったはずである。俺の想像では、フロイトの研究成果をドイツに持ち帰り、それをナチスに提供して、宣伝相や心理戦に応用させたのではないかと思う。そうでもなければナチスがあれだけ心理をコントロールする戦術を多用できたはずはない。
俺がいつも思うのは、ユングの言う根本原理である「共時性」であるが、なぜ日本人はこれを真に受けるのか不思議でならない。共時性というのは要するに「どこにでも似たようなものは現れる、それらは共通の無意識がもたらすものであり、みな偶然である」ということだ。そしてそれを、神話モチーフが各地で共通性を持つこと等に求める。だが、そもそも彼らゲルマン民族というかアーリア民族は、元が印欧祖語を話す同じ民族である。だから神話モチーフが共通しているのも当然である。印欧比較神話学がとっくの昔に確立していたヨーロッパで、ユングの主張を真に受ける者など皆無であった。こういうことなどから、ユングの学説は欧米ではオカルト扱いされているという。
そしてその逆に、フロイトの学説の基本は「何にでもルーツ・起源がある」と考え、その根本原因を探ることであった。ここにフロイトとユングの決定的な違いがある。フロイトは「似たような物事があったら起源を探る」という発想であり、ユングは「似たような物事があっても偶然である」という発想だ。
これは日本の同和問題を考える上で、「人種起源説」を採るか「政治起源説」を採るか、という問題とシンクロしている。もしフロイト的に考えるなら、日本の同和問題と外国の差別問題を比較して共通の起源はないか探ろう、ということになり、そこには共通の人種が介在しているのでは、と考えることである。しかしユング的に考えるなら、日本の同和問題と外国の差別問題は似ているがただの偶然であり、日本でも外国でもそれは体制が作った制度であって、似た制度がともに存在するのは偶然である、という考えになる。
だから俺は、日本で妙にユング心理学を拝聴する傾向が強いのは、部落解放同盟の影響があるからではと考えている。言うまでもなく、部落解放同盟は政治起源説だからだ。
心理学者や精神科医と話すと、二言目には「ああそれは偶然だよ」「似たようなことはどこでも現れる」と言う。俺はこういうのは、ただのバカの妄言だと思う。要するに、物事のルーツを探ろうとせずに、何でも偶然偶然と片付けるのは、知の探求を放棄したバカの考え方だ。そして日本の精神医学界は、こういう連中で占められている。
日本はガラパゴス島国の国ゆえ、「日本でしか通用しないこと」がたくさんある。ユング心理学もその一つだと思うが、これを意図的に広めようとしているマスコミや作家などは、何を意図しているのかね?「日本の宣伝相」などはナチスの宣伝相の理論を参考にしているらしいので、大いにユングや河合隼雄には負うところがあるのだろうが。

10月 172021
 

以前適当に買ってみた「Mark of the NINJA Remastered」というゲームは掘り出し物で、意外なほど面白かった。最後の方は熱中して一日何時間も遊んでた。
さっきそれをクリアしたので、いよいよ「アイドルマスタースターリットシーズン」を購入。アイマスは初めてなのでどんなもんなのか興味がある。けど和ゲーの常だが、値段が高い!どう考えても適正価格の1.5倍はする。こういうとこを直さないと、日本製ゲームは売れるようにならないよ、マジで。「鬼滅の刃」のゲームも出たけど、それより高いからな。作り手はもうちょっと考えてほしい。
こないだまではエミュでFF10をやってたけど、スフィア盤の仕組みが理解できなかったので、途中でやめてしまった。FFは去年7をラスボスまでやって非常に面白かったが、俺は和製RPGならドラクエのほうが好きだな。今月末には「エイジ・オブ・エンパイア」の新作も出るし、「カンパニー・オブ・ヒーローズ」の新作も控えているので、まだまだPCゲームで楽しめそうだ。
最近は電子タバコを吸ってるけど、カートリッジが高いので、あまりのめり込まないようにしたほうがいいと思う。やはり普段はパイポとガムを常用するべきだろう。この「口が寂しい」という症状は、いつになったら抜けるのかね・・・。
あと水泳。ぶっちゃけ、プールで泳ぐとめっちゃ疲れる。数百メートル泳いだだけでも超疲れる。だからそんなに頻繁には通えないけど、まずは2週間に一回のペースで通って、慣れてきたら10日に一回にして、更に慣れたら週一で通うとか、そういう風にしたい。幸い家から近いので、できるだけ続けたいと思っている。
それにしてもタバコと手を切れたのは本当に良かったよ、うん。なんだかんだ言って、代替品を使ってはいるけど、その結果タバコを吸ってないのは大収穫だ。まあまだ3ヶ月だからね、二度と部屋も歯もヤニで黄色くしたくないから、気を抜かないようにしたい。

10月 122021
 

俺はコロナは「茶番」だと思っていて、別にワクチンを打たなくても問題ないと思っている。
アメリカだと共和党が反ワクチンで民主党がワクチン推進派なのはディープステートが関係してるのかとか、あのビル・ゲイツがワクチン接種を強く推奨しているのは管理社会化のためではとか、ワクチン接種を民衆の管理に転用しようとしてるとか、いろいろ言われるし、そもそも副作用の事例がこんだけ報告されているワクチンって大丈夫なのとか(うちの妹も接種後に40度の発熱があったらしい)思うけど、まあ要するに「茶番」だ。無理して打つ必要はない。
けど打っておかないと今後ジワジワと困る機会が出てくるのは想像に難くない。ワクチンパスポートなんてものができたら、打ってない人間は実生活上不便を被るし、買い物や移動の自由まで制限されたら生活に関わる。
まあここは日本、同調圧力の国、民衆が不満があってもデモも起こさない奴隷根性の国ゆえ、俺一人が「絶対に打たないぞー!!」と我を貫き通したって、世の中が不便を強いるようになってしまっては元も子もない。俺は何の力もない小市民なのだ。
そんなわけで、不本意ではあったが、ワクチンを接種してきた。前回と同じ病院で今日が2回目。まあ向こうももう手慣れているから、流れ作業でスムースに終わった。けど、1回目は全然痛くなかったのに、2回目は超~痛かった。思わず顔をしかめてしまって、看護婦さんに「痛いですか?」って訊かれる始末。いやマジで本当に痛かったよ!!
そんで数時間経ったけど、打った腕が痛んだり体の節々が痛んだりしたけど、まだ発熱とかはない。まあこれで今後不便を強いられることはないだろうから、それは良かった。多分今年のうちに、こないだ死んだ婆ちゃんの遺骨を寺に納骨に行くと思うので、その時に問題が起こることはないだろう。
嗚呼悲しき島国の小市民、同調圧力に負けて、したくもないワクチン接種でアイタタタ・・・という一日だった。

10月 072021
 

禁煙してから3ヶ月近く経ち、ふと「そういえばあそこにタバコ置いてあったな~」とか思ってしまう今日この頃。せっかく禁煙したのに元の木阿弥にならないようにと、世界的名著と言われるアレン・カー著「禁煙セラピー」を読んでみた。

まあ要するに、「タバコは麻薬」「タバコを吸っても楽しいことなんかない」「禁煙は楽しい」みたいなことを繰り返し書いて、暗示にかけようとするような本。
最近気が緩んで、「一本くらいなら吸ってもいいかな・・・?」と思いがちな俺だが、この本には「禁煙しても、また一本だけ吸ったら、そのままスモーカーに逆戻り」と書いてあった。「禁煙は楽しいのだ、タバコを吸っても楽しいことなんかないのだ」と書かれていて、あー確かにそうだよなー、タバコ吸ってる時って全然楽しくなかったよなーと思った。
そんで一番ためになったというか、笑えたのがこの章。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・う~ん、俺は10数年前に3日だけ禁煙した時、3日ぶりに吸ったらめっちゃ旨く感じてそれで逆に本数が増えちゃったってこともあったし、なんだかんだ言ってタバコは落ち着くし、利点がゼロだとは思わないけどね。これは体質にもよるんだろうけど、俺は吸い始めから不味くも感じなかったし、多分「タバコ向き」の体質をしてるんだろうと思う。でも「タバコに利点はない」というのは、ぶっちゃけ真実かな。
とりあえず禁煙3ヶ月で気が緩む頃に「禁煙セラピー」を読んで、気を引き締め直せたのは良かった。今後もタバコとは縁を切っていきたい。

10月 032021
 

さっきアマゾンで買ったDR.VAPEが届いたので、早速使ってみた。使い方は超簡単。スティック状の本体に、フレーバーのカートリッジを嵌めるだけ。
まず最初はクラシックスモークというフレーバーを試してみた。すると、意外なほどタバコっぽい味わいがする。それでいてあの嫌~な感じはしないし、もちろん臭いもない。出てくる煙は水蒸気で、かなりの量が出てくる。
しばらく吸っているが、ただの香り付きの水蒸気を吸っているだけなので肺も苦しくならないし、部屋も臭くならないし、結構いいんじゃね?これ。「タバコっぽさ」は充分に感じられる。
デザインもオシャレでカッコいいし、それほど重くもないし、吸った時や充電中にLEDが光るのもいい。何より、充電用の端子がスマホと同じなのがポイント高い。これならスマホ用のアダプターで充電できるし。
あとは耐久性だが、5000円以上するものなので、できれば長くもってほしい。ただフレーバーのカートリッジがちょっと高いので、もし常用することになったら、ランニングコストはいくらかかるかな・・・。まあまかり間違っても以前のタバコ漬けの時代のタバコ代を超えることはないだろうが。
とりあえず、なかなか良い買い物をしたと思う。パイポよりは値が張るけど、「吸ってる感」はこっちの方がずっと上だ。
ちなみに今日は久々に教会の礼拝へ行ってきた。緊急事態宣言も解除されるので、いつもよりも人が多かった気がする。教会の人たちは優しいので、俺なんかが行っても歓迎してもらえる。そこが教会のいいところ。

10月 022021
 

かれこれ禁煙してから2ヶ月半経った。
あのタバコ漬けだった虚しい日々・・・。何もかもが懐かしい。今は禁煙パイポを咥えていたり、ガムを噛んだりしている。何というか、やっぱり「口が寂しい」というのはある。
別にまあ、タバコに100%悪いところしかないとは言わんよ。たまに吸えば落ち着くし、精神安定剤の効能はあるしな。ただ「ヤニで部屋が黄色くなる」「物が臭くなる」「金がかかって仕方がない」という三大要素が、全てをスポイルする。加えて「息苦しくなる」「健康に悪い」という欠点もある。だから結論として、「タバコ=害悪」になるわけだ。
そんなわけでなんとはなしに普段は禁煙パイポを咥えているのだが、どうせ咥えるのなら、ニコチンもヤニ(タール)もないものならいいんじゃね?と思った。
それで電子タバコである。
俺は加熱式タバコとか電子タバコとかそういうのに疎くて、今まで全然区別がついていなかったが、要するに「加熱式タバコ=IQOSとか」「電子タバコ=VAPE」なんだな。そして加熱式タバコはニコチンがあってタールも極少量あり、電子タバコはニコチンもタールもなし、ということがわかった。
それなら電子タバコを試しに買ってみようと思い、さっそくGoogle先生で調べてみると、DR.VAPEというやつが人気があるらしい。値段は結構高いけど、タバコをやめて金に余裕があるので、これくらいなら買える。


俺が買ったのはこのカラー。

なんでも、海外からリキッドを取り寄せて、タールなしでニコチンのみ含有のものを使ったりもできるようだ。まあそれに手を出すことはしないと思うけど、とりあえず電子タバコにトライしてみようと思う。今使ってるパイポ代ガム代とトントンみたいだし。
届いたら早速レビューする予定。乞うご期待。

9月 242021
 

世の中には2種類の人間がいて、俺は「数の少ない方」に属する。それは「自分を高めることによって喜びを見出す」人種だ。
俺が幸せを感じるのは、自分が高まった時のみである。例えばPCを自作して楽しんだり、部屋をリフォームして綺麗にしたり、運動を始めて健康になったり、そういう「自分を高める」行為にのみ、幸せを感じる。
そして、他人が幸せなら、素直に「羨ましい」と思い、「自分もそうなりたい」と思う。逆に不幸な他人がいたら、「可哀想」と思い、その人には「幸せになってほしい」と思う。
しかし・・・世の中には、こういう「俺がわかっている常識」がわからない者の方が多い。それは「他人が不幸なことに喜びを見出す」人種で、自分の要素の高低を問題にするのではなく、「他人がどうであるか」もっと言えば「他人と比べて自分がどうであるか」を重視する人種である。
こういう人種は、「他人の不幸は蜜の味」という基本理念を持っていて、他人の不幸が嬉しくて仕方がない。自分の楽しみを見出してそれを高めることをせずに、他人の粗探しをして些細な欠点を見つけて喜ぶとか、他人が不幸な目に遭うことを望んだりとか、とにかく「他人がどうであるか」しか考えていない。
当然、他人が幸せなら「ムカつく」と思い、そういう人の足を引っ張る。不幸な他人がいたら「ざまあみろ」と思い、一緒になって喜ぶ。
さあ皆さん、あなたは果たして、前者ですか?後者ですか?・・・日本人であれば、多くの場合後者でしょうね。そう、「出る杭は打たれる」「他人の足を引っ張る」という腐った文化が根付いた、島国日本。そんな日本の人間であれば、大抵の場合後者でしょう。
もしあなたが後者なのであれば、あなたは間違いなく「クズ」です。日本でしかやっていけない害虫です。あなたはウジ虫なので、地球にとって必要のない、臭く汚い汚物です。でもこれを読んでいるほとんどの人は、害虫でウジ虫で汚物なんだよなあ。
日本人ってさ、「絶対的価値観」と「相対的価値観」の違い、わからないでしょ?絶対的幸福と相対的幸福と書き換えてもいい。絶対的幸福というのは、「自身を高めることによって喜びを得る」価値観で、要するに「=他人に構っている暇はない」だから、(俺も含めた)天才に多いタイプ。逆に相対的幸福というのは、「他者と比べて優位に立って喜びを得る」価値観で、つまり「=他人との比較が全て」だから、ほとんど全ての凡人と愚民はこれに当たる。そして日本人というのは、狭い島国で横並びに生きてきたから、基本は「相対的幸福感」が支配している。
まあ最近の日本は個人主義になって、必ずしもそうだとは言えなくなったかもしれないけど、今でも「他人に関わることを前提とする職業」に就いている連中は、相対的幸福に基づいて生きていると思うよ。警察官とか精神科医とか広告代理店の社員とか、エトセトラetc… こういう連中は「他人が不幸であることが、自分の喜び」みたいなものなので、自身を高めることは二の次で、「他人をどうするか」しか考えていない。一番関わってはいけない人種である。
俺みたいに絶対的幸福を追求するタイプの人間は数は少ないけど、俺を見ればわかる通り、「どこに行っても楽しく暮らせる」という特技を持っている。そして自身を高めることに注力するので、学問に関しても他の追随を許さない。こういう人生を、昔の人は「武士は食わねど高楊枝」とも言ったし、「霞を食って生きる仙人」とも言った。
そういうわけだから、もしあなたが幸せになりたいなら、他人と比べるのをやめよう。能力でも要素でも何でもいいけど、自分を高めることに専念すると、傍からは底辺と見えても充分に楽しく暮らせるのだ。